注意:私的見解に基づいたとはいえ、ある特定の団体の方は気分を害される恐れがあります。あらかじめご了承ください。



涼しくなってきて今まで休眠していた蚊が一気に活動を始めたのでしょうか?
今日の午後少し外出した短い時間だけで3か所も刺されてしまいました。
しかも白黒のヤツです。毒が強烈なヤツです。



そういえば色々とキナ臭い話(米国FDA関連)も聞こえてきますが、そもそもどこの国でも「無視出来ない程に金が動くモノ」については、全て国家主導で管理したがるもの。
それが公序良俗に反するとか健康被害がうんぬんというのは全て方便です。


日本でも賭博は禁止されていますが、競馬・競輪・競艇など賭博の中でも最大級にお金が動くものについては「国が管理しているから」という非常に裏が透けて見える理由により許可されており、CMまで流れています。
ここ千葉県でもアタクシの家の近くに中山競馬場という超ド級の規模の賭博場がありますが、所在地である船橋市はそのおかげで財政に困ったという話は聞きません。
常習性があり健康被害の疑いのある酒類や煙草に関しても国家の管理下です。
分かりやすい例えを出せば、密造酒が違法なのは「健康被害はどうでもいいけど国に金が入ってこないからダメ」ということ。


一言で片づけてしまうと


ヤバいことすれば捕まるけど、一番ヤバいものは国ががっつり押さえてる


なんだと思います。


米国で電子タバコやリキッドが無視出来ない程に広まった結果、市場で動く金が大きい割に国にぜんぜんメリットが無いから、ここらで一個法律作ってこいつらから巻き上げるシステムも作っておくか・・という話だと考えると分かりやすいですね。


昨日も米国で銃による犯罪が起こっています。銃なんて一番ヤバいものの筆頭ですが、禁止される予定は聞きませんね。そういえば全米○イ○ル協会なんてところがあったような‥‥


お金が動くシステム自体は国にとっても貴重ですから、VAPEも無くなることはありません。新しく作るのは大変ですからね。完全に禁止されたとしても一瞬でしょう。


つまりFDA規制関連の話題で



(*゚∀゚)「やばいよ!もうVAPEすえなくなっちゃうよ!」



とユーザーが悲観する必要はほとんど無いと思っています。



※多少価格が上がったりはするのでしょうが、メーカーもやり手ですので、上手く立ち回ると思います。要するに売上の一部が国に回るようにしておけば、逆に保護してもらえるのですからね。



((( ;゚Д゚)))「(なんか今回は記事が挑発的だったわ)」



蚊のせいです