タイトルだけで内容がほぼ判明しますね。


誰もが一度は通り‥たくなるけど断念する道。
それがクリアロマイザーのプリメイドコイルの再利用だと思います。




46

これは最近やたらと利用価値が高まっている(と噂の)EleafのGSタンクシリーズ共通コイルです。



31

パッと見Justfogのコイルにも見えますね。
個人的にGS Air 2やGS babyで多用しており、何個も予備は持っているのですが、もしこれが再利用可能になったのなら‥‥



( ≧∀≦)「iStick basicやPico Babyがフル出動だよー!」



きちんと収入がある大人とは思えない発想ですが、やってみる価値はあるかも。


※Eleafは全力で「やめろ」と言う筈ですので、あくまでも保証対象外で行います。


画像を見てお分かりだと思いますが、一個とんでもなく汚れたヤツも混ざっております。





プリメイドコイルを再生


ここで最初に申し上げておきたいのは、これらのコイルは焦げて汚れている訳ではありません
あくまでリキッドのみ、すなわちガンクで汚れたコイルです。


焦げた食パンやサンマを洗ってもキレイにはなりません。



( ・-・)「でもガンクってキレイになるの?」



こう考えてみましょう。
例えるなら白い綿100%のシャツにプリンのキャラメルソースや黒砂糖が繊維の奥まで染み込んで汚れたようなものです。
つまり洗濯と一緒!
昔ならばいざしらず、科学の進歩した現代ならば、洗濯科学の○リエールやアタッ○、ボー○ドなど、汚れに強い洗剤も多種多様。恐れることはありません。



( ・-・)「いや、さすがに洗濯洗剤は使えないでしょ。だってキレイにしたら吸うんでしょ?」



あ‥‥




まずはお湯に


洗濯もそうですが、冷たい水よりお湯の方が汚れは落ちやすくなります。


ちなみに、これにチャレンジする前に「洗剤を使わない洗濯」について検索しましたが、どれもこれも洗濯機は使用するというものばかりでした。
洗剤は汚れを浮かせる為のものです。浮かせなくても取れる汚れ(埃や砂など)は洗剤は必要ありません。
そうして取れた汚れを水と共に取り除くのが洗濯機の仕事。
洗剤を使わない洗濯では頑固な汚れは基本的に落ちません(繊維同士の摩擦を増やして落ちやすくする工夫は可能)。


話は戻って



11


熱湯に入れてしばらく放置したら、画像では分かりにくいですが、水にやや色が着きました。
コットンの汚れが浮いて水に溶け出てきたようです。
これは期待大!


‥‥だと思ったのですが、その後何度か水(お湯)を変えていくと、もうそれ以上汚れは溶け出て来なくなりました。ぬう。




流水を作れ!


やっぱり汚れは浮いても、繊維の間を水が流れていないので(放置してあるだけだからねー)、汚れは出てこないようです。
このまま何度も同じことを繰り返して、長い時間を掛ければそこそこキレイにはなりそうですが、今年は平成最後の年。
そんな時間は掛けたくありません。


とにかくコットンの繊維の中に流れる水を作れば良いのです。



(* ̄∇ ̄)「なりふり構ってられん」



25

このGSコイル。
上下を貫く空洞があり、側面にリキッド供給穴(コットンが見えるところ)があります。


つまり水に突っ込んだままで、下側の小さな穴を塞いだまま、上の穴から息を吸い込めば、リキッド供給穴から水が中に入り、吸い口側から出てきます
これならコットンの中に流れる水が通ります


これだ!



( 。’ω’)y「ちゅううううう‥‥‥」



ここで我にかえってしまうと全てが無駄。
おじさんが夜中にやることではありません。
しかし涅槃の境地で吸いつづけます。



( TДT)「おえっ!?変な味」



吸い込んだ水から気持ち悪い味がします。
つまり汚れは今アタクシの口の中へ。
代わりにコイルはキレイに。



( ・∀・)ノ「アタクシがんばる」



味がなくなるまでこれを繰り返します。
一個残ったあの小汚ないコイルはヤバい味がしましたが、何度か熱湯通してるので、バイ菌は居ない筈です。そう思いたい。


注意:コイル内に残ったリキッドがカビていたりする場合が無いとも言えないので、安全第一。心配な方はやめましょう。こちらは一切責任は負えません。





出来たよ!


一応完成しました。
一個だけ汚かったコイル(左)もややキレイになりました。
これ、左と中央が0.75ohmで右は1.5ohmとなります。

11

側面から見えるコットンが確実にキレイになってますね。左のコイルなんかは真っ黒だったコットンが、かなり白っぽく(いや、灰色だろ)なってます。
これはなかなかいい結果。


ここまで所要時間は丸1日です。
ただ、ここからコイルとコットンを完全に乾燥させる必要がありますので、このままさらに丸1日陰干しすることにいたします。





再生?


結論から先に申し上げますと


①1.5ohmコイルは漏れやすくなった
②汚かったコイルは変な味が消えない
③一個はまともに吸える(中央)


という感じ。
コットンが痩せたのか分かりませんが、コイルによっては再生は向かないのかな、と。
あとは、やはり汚れが酷くなったものは完全にキレイにはなり得ないということ。
あまり汚れていないコイルならば、再生してもまあまあ吸えた気がします。





まとめ


トイレ掃除しかり、洗濯もしかり。
汚れは放置せず、出来ればこまめにキレイにする、というのが大事なのかもしれません。


ここまでやってアレですが、プリメイドコイルの再生はあまり考えない方が良さそうです。