今回は

デュアル用のRBAで変則シングルビルドをしよう

というテーマです。

55


GeekVapeのAvocado(22mmと24mm)シリーズは後期型は精度も高く、初期のRDTAとは思えないくらい造りの良いアトマイザーだと思っています。



13


※ただし22mmはデュアルで組むとリキッドチャージする場所がなくなるという面白い仕様


ただ、広いベロシティタイプのデッキは「シングルでも組めるよ」とは言いつつ、片側をレデューサーで塞ぐ手間もあり(22mmはこれを使うとリキッドチャージで迷子になる)やや使い勝手が良くないイメージです。レデューサーの強度も弱いので使っているうちに割れてしまったという話も聞きます。




36


今回はこのAvocadoGenesis(22mmバージョン)をレデューサーを使用せずに少し変則的にシングルコイルでビルドを行っていきます。





AvocadoGenesisのエアフロー


このアトマイザーの空気取り入れ口は側面に2か所あり、全て全開にしてもスカスカにはなりません。まあそこが良いんですけど。
ただレデューサーを使わずにシングルビルドをした場合、空気取り入れ口を片側1か所だけ開くような感じになります。そうなると結構ドローは重いです。



(*・ω・)「2か所開ければいいんじゃない?」



そうなるとコイルの後ろ側、しかも結構遠い場所からエアが入ってくる感じです。
ドローは軽くなりますが、後ろから入って来た空気はほとんどコイルに当たらずドリチ側に抜けてしまうような気がします。つまりドローは軽くなっても味は薄くなるイメージ。


これはよろしくない。


2つの空気取り入れ口から等距離の場所にコイルをひとつだけ設置して、両方向からエアを当てて吸いたいんです。程よいドローで。


(。・ω・)「じゃあWaspRDTAを持ってきてあげるよ」



いや、それをAvocadoGenesisでやりたいの!






ということでベロシティデッキの柱の間にコイルを横向きにセットすることにします。
向きは変わっていますが、抵抗値などは普通にシングルコイルでビルドした時とそこまで大きく変わりません。


注意:コイルレッグ(コイル両端から出たワイヤー)が長くなり余分な抵抗が生まれるので、通常通りに同じ巻き数のコイルを設置するのと比較すれば抵抗値は高くなります。


両側の柱に接触しないように、コイルの太さにはやや注意。
コイルの長さに関してはいつもより長めでも全然大丈夫。



48


コイルのレシピは


素材:カンタルA1
太さ:24G
内径:2mm

目標約0.5ohm

コイルレッグは左右合計15mm程になりそうです。
7cmのワイヤーを上手に巻いてクランク状にコイルレッグを作る感じですね。


25



必ずジグ(ドライバー)で保持しながらコイルレッグをクネクネさせてデッキに固定します。
そこまで難しい作業では無いと思います。ジグを抜いてやっていると思わぬところでコイルの形を崩したりしますので注意。
柱の真ん中でしっかり固定します。
コイルの上側だけにエアが当たるのを防ぐために、コイルはやや高い位置にセットすることにしました。

06


43

なんか崩れたねw
大丈夫。こんなの日常茶飯事。

気にしない。



14

少しコイルレッグが長かったのかしら。
予想より少し高めになりました。



焼き入れしてマイクロコイルにした後は、コットンを通しますがコットンを垂らす向きを「上から見てS字」にします。
コイル下部を撫でたエアが渦を巻きながら左右均等に上に上がる‥‥といいな。

45



これならコットンホールは全部埋まらないのでリキッドチャージも楽です。
ただし横に倒せば全部漏れます。
でも問題無し。
地球の重力は今のところ無くなる気配はありませんから、単に立てておけば良いのです。
地球ばんざい。


18


リキッド入れて‥‥
実際に吸ってみます。




21

空気取り入れ口は2つ共に全開。
これで味が薄くならずドローも軽くなれば‥‥まあ多少薄くても許そう。面白かったし。



( ・ω・)「ん?」



どう?



( ≧∀≦)「お、美味しいーっ!」



今度は2つの空気取り入れ口をそれぞれ半開にして吸ってみます。



( ☆∀☆)「濃ーいっ!美味ーい!」








まとめ


たまに普通と変わったことをしたがるのは皆さんも同じだと思います。
ただ、やるからには及第点が欲しい!




やってみたら思いの外大成功で、自分でも驚いていますw
何これ、オチが無くなっちゃったよwww


という訳で今回はそんな変則ビルドでした。
秋の夜長に皆さんも試してみてくださいね!