自転車にドハマりしていた時にアタクシが提唱した


『自転車の写真を撮るなら右後方斜め下からが最もセクシーだ』


という仮説
簡単に言えば自転車の右後ろに位置して、そのままカメラ位置を下げて後ろ変速機(リアディレイラー)の高さより低い位置からスーッと引いて仰ぎ見るように車体全体をフレームに収める、という感じです。
右ペダルの位置はセオリー通り時計の4時位置が良いでしょう。
このアングルだと自転車のリア三角(グラビアアイドルならばウエストから腰骨の位置に相当)が最も優美に写り、かつ変速機周囲のメカメカしさの強調と相まって独特の雰囲気を醸し出します。
女性らしい優しさと男性らしい力強さが融合したその様は、モビルスーツで例えるならばキュベレイのよう。ふつくしい。


でもなんだろう、今アタクシ過去最高にドン引かれている気がします。











VAPEの萌えポイント



アタクシ、VAPEに関しては機材を大事に長く使っている方に凄く好感を持っています。
アトマイザーでもMODでもそうですが、小さなキズがあっても清潔に使われているものや、丁寧に扱われている機材は、その方の人間性がそのまま出ている気がするのです。


そんな風に大事に使ってもらっている機材は、だいたいオーナーさんのお気に入りな訳ですが、皆さんそれぞれ



(*´∇`*)「コイツのココが良いんだよ」



という萌えポイントを見出していたりします。






萌えポイントいろいろ



①触感

ツルツルだとかサラサラだとか、手に馴染むとかサイズ感とか重さとか


②視覚的

色とか模様とか塗装の仕上げとかデザインとかフォルムとか


③機能面

搭載される機能やUIとか


④組み合わせ

他の機材とのフィッティングなど




アタクシの場合、WismecのReuleauxRX75にGasmodsのNixon v1.5を載せた時のお前達実は友達だったのか?というマッチング具合や、RofvapeのWitcher75wにOBS EngineNanoRTAがヒートシンクを介して収まった時のアトマイザーガードとのギリギリの隙間に萌えたりしました。


あれ?誰もアタクシの話を聞いてないぞ。












まとめ



好きなものには好きな理由がある、というもののひとつがこの萌えポイントなのだと思います。
機能面で萌えることが多い方は、発売前にメーカーサイト上で既に萌えてしまい、購入を決定してしまう方も多いでしょう(わかりすぎるほどわかる)。
本来アトマイザーやMODというのはひとつあれば済むものですから、いくら萌えたからと言っても購入する理由とはならないのですが、そういうことは外野に言わせておけば良いのです。


子供の頃に経験がある方も多いでしょう・・



(☆゚∀゚)「これ欲しい」
( ̄ー ̄)「もう持ってるでしょ」
(☆゚∀゚)「でも欲しい」
( ̄ー ̄)「大事に使うならいいけど」
(☆゚∀゚)「大事にする!」
( ̄ー ̄)「じゃあ買っていいわよ」



つまり大事に使えば何でも買って良いとお母さんも言っているのです!!
皆さんも愛用の機材の萌えポイントを探して、大事に使っていきましょう。