三学期が始まり、うちの娘達もちゃんと学校に通っています。
先生達は再び忙しい日々に追われるのでしょう。
ご苦労様です。


たまに学校に行くと強く感じるのは、教育のシステムというものは、少しずつマイナーチェンジしながら、昔と比べて大きく変わったなということ。
アタクシが小中学生だった頃よりも、より安全に効率的になっており、あらゆるものに理由があると感じます。


勉強するものの内容はさておき、子供が学ぼうという意思を持った時に、それを阻害しないようになっていて、教える側も具体的にそれを助ける態勢が出来ているのだなあ、という風に思いました。
きっと昔よりも短期間で多くのことを身に付けることが出来るようになったのでしょう。








夢と目標



アタクシの小学校六年生の時の担任の先生は、やる気が感じられないとか、色々と評判の悪い方だったのですが、アタクシは特に嫌いではありませんでした。


やる気が必要なのは子供の方であって、先生にいくらやる気が溢れていても、生徒がその気になるとは限らないと思っていたからです。
確かに今までの担任の先生と比べてしまうと、かなりマイペースかつ消極的だったのは間違いありません。


六年間いろいろあって熱心な先生も多かったですが、今は顔すら忘れてしまった六年生の担任の先生のある言葉が、一番強く印象に残っているのは皮肉としか言いようがありません。


その言葉というのが



(  ̄ー ̄)「mi-yan君、『夢』というのは努力しても簡単に叶うとは限らないし、叶わないと感じるようなことでいいのよ。その代わりに『目標』は努力して叶えることが出来ることにしなさい」



というもの。
理由を訊くと先生は



(  ̄ー ̄)「『目標』というのは一歩一歩人生を歩いていく為に必要なものよ。『夢』というのはたまに思い出して歩いていく方向を正す為にあるの。昔の旅人は星を見て方向を知ったでしょ?夢はそんな感じかな。近いよりも遠くにある方が方向を間違え難いのよ。目標は標識とか看板に似てるかな?あそこまで行ったらご飯食べよう、みたいな感じかな」



とのこと。
夢と目標の定義については、国語的な解釈とは異なるのかもしれません。


ただ


夢は遠くにある方が人生を歩んでいく上ではその方向を誤り難い


というのは子供のアタクシにも理解出来たし、心に深く根付いた言葉となりました。


ただしアタクシ少し馬鹿な子でしたので、その際『夢は自分の国を作ること、目標はプラモデルが上手に作れるようになること』と設定してしまったことにより、40代の今でも人生の迷子です。
自分の夢というものは他人に話すと時にアタマオカシイとも取られかねないので注意が必要ですね。









縁起の良い初夢のネタ


eggplant1



新年元旦から2日の夜に見る夢を初夢と呼んでいます。
この初夢の中に出てくると縁起が良いとされているものが


一富士二鷹三茄子


です。
富士は無事とかけている、とか茄子は物事を成す、という意味に受け取る(諸説あり)ようです。鷹は高い、だったと聞きましたが、これも地域によりいろいろ。
どちらにしても、初夢に出てくるとラッキーなものベスト3が富士山と鷹とナスだと言われています。





4位以下は何なの?という疑問を抱く方も居られるでしょうが、これについても一応決まっています。


四扇五煙草六座頭


扇については柄を上にすると末広がりになるから縁起が良いとされています。
六の座頭というのは良く分からないのですが、皆さんが気になるのは五の煙草ではないかと思われます。


煙草の煙というのは上に昇っていきます
要するに運気が上昇する、ということに掛けているのではないかと思われます。



(*゚∀゚)「てことは、我々ならばVAPEの夢を見ると縁起が良いってことだねー」



違いますよ!



(*゚∀゚)「・・え?」



VAPEの煙(ミスト)というものは水蒸気ですから煙のように高く昇ることはなく、床に沈んでいきます
つまりいくらVAPEが大好きだからといっても初夢にVAPEが出てくるのは何としても阻止しなければなりません









初夢は叶う、という話



アタクシが知る限りでは『初夢が本当になる』というのは聞いたことがありません。
何故このような話が広まったのか考えてみると、ある迷信と関連していることが分かりました。
それは


不吉な夢を見たら人に話すことで厄払い出来る


というもの。
つまり夢に見たことを他人に話してしまうと、現実にはならない、ということでもあります。


これ、逆に考えてみると


夢で見たことを誰にも話さないと現実になる


という意味にもなるのです。
初夢には一年の吉凶を占うという特別な意味もあります。
その辺りがいろいろ交じり合って変化していったと考えて良いと思います。


つまり『初夢は叶う』のではなく、正確には『初夢の内容を誰にも話さないと現実になる』ということになります。



(*゚∀゚)「じゃ、じゃあ縁起の悪い初夢を見ちゃったら、誰かに話さないと悪い意味で現実になっちゃうのね、ヤバいヤバい!」



良い初夢を見た時には、そっと胸に秘めておくと良いでしょう。
もしかしたら叶うかもしれませんし、具体的にイメージすることで夢が現実味を帯びてくることは十分に可能性のあることです。









まとめ



睡眠時に見る『夢』と、目標とセットとなった『夢』では意味合いが異なるのに、どちらも将来的に叶えたいと思うものの場合には迂闊に他人に話さない方が良いようです。


ちなみにアタクシの今年の初夢は・・・・体調不良で薬を飲んで寝たせいで一切覚えておりません。





注意:初夢に関する記述に関しては地域によって意味合いが異なっており、あくまで一つのケースとして捉えていただければと思います。