海外からの旅行者が増えたことで、我らが千葉県の交通の雄『京成電鉄』が絶好調だそうです。


※この記事はリアルタイムです


海外からの観光客の多くが好んで訪れているのが秋葉原。
お店によってはフロアのお客さんのほとんどが外国人だったりするケースもあります。
感覚としてはどんどん増えているなあと感じます。






イルカの絵



秋葉原には道行く人に『絵』を売る女性が居て、エウリアンと呼ばれていますが、この絵が少々お高価いので時々トラブルになっていたりします。
○ッセンの高い絵を売り付けられそうになり困った、なんて話は昔良く聞きましたが、今でも続いているのですね。


※芸術の価値については、適正な価格という概念が通じない為、販売自体に問題があるとは思っていません。ただ、買わないと帰れないような雰囲気を作ったりするのは問題があるでしょうね


こうした女性のセールスが旅行者に営業を掛けたりすると、秋葉原のイメージが悪くなると考える人も多く、注意換気がされていたりしますが、実際は外国人観光客にはほとんど声を掛けていないので、実質的な被害はあるのかな?と少し疑問です。


話術に準ずるスキルが通じにくい相手に優先的に営業を掛けるのは、ある意味時間の無駄に繋がります。
観光客相手に商売するのだとしても、恐らくターゲットは日本人になるのだと思います。







ポッド


ポッドという言葉は『機能的に完結させたシステムを鞘状の容器に納めたもの』という意味だったと思います。


航空機(軍用機)のジャンルではガンポッドが有名です。
固定武装を持たない飛行機やヘリコプターの装備として、銃身と弾丸、その他発射装置や動力などをタンクのようなケースに納めたものをこう呼んでいます。


必要になったら後付けで胴体下や翼の下に装備可能というのがウリで、数を増やせば単純に武装強化に繋がります。
作戦中に弾切れしたら場合そのまま投棄も出来ます。


マクロスのVF-1バルキリーのガンポッドも機能的には現実の世界のものと大差はありません。


実はイルカの群れのことをポッドと呼ぶのだそうですが、これは群れが狩り、自衛、子育て、といった様々な役目を全て備えていることから、こう呼ばれているのだと思います。


VAPEのPOD型もきっと同様の意味なのだと思います。
何故今まで通りAIO(オールインワン)と呼ばないのか?という疑問については、その形状からでしょうね。
鞘状の容器に納まったことで



( ≧∀≦)「これ、ポッドじゃん」



となったんでしょう。


たぶん。