40


商品名:STRIDER(ストライダ)
メーカー:Asvape
タイプ:テクニカル
バッテリー:26650(18650用スペーサー付)
接続:510(スプリング)



AsvapeのテクニカルMOD、STRIDERのインプレッションです。






AsvapeはMichael(ミカエル)やGabriel(ガブリエル)などの中~上級者向けのMODを好んでリリースするメーカーです。
デザイン傾向は割と派手なものが多いのですが、制御基板に優秀なものを採用する傾向があり、所有欲を満たしつつ細かなセッティングにも対応可能な製品で我々を喜ばせてくれます。


このSTRIDERは前述のMichaelやGabrielより以前にリリースされた、まだAsvapeがオラついていない頃落ち着いたデザインを意識していた頃の製品です。






基本性能


21

・26650もしくは18650バッテリーのシングル駆動で最大出力75W
・VO-chip制御によりワッテージモード、バイパス、各種素材(Ti Ni SS316)の温度管理機能搭載
・5秒間の出力カーブを設定し、それぞれ5つのプリセットに保存可能
・ファームウェアアップグレード対応(公開済)
・アトマイザー径制限無し(コンタクトの大きさから考慮してジャストサイズは25mm付近だがボディサイズ的には30mmもはみ出しは無し)



基本操作

33


電源オン:ファイヤボタン5連打
ロック&アンロック:ファイヤボタン3連打
モード変更:ファイヤボタン5連打の後、「+」「-」ボタンで変更、ファイヤボタンでカーソルを送りsystem表示反転時に「+」で決定
数値変更:「+」「-」ボタン
電源オフ:モード変更時にsystem表示反転状態で「-」を押す

03

35

25

53

VO-chipの操作方法はiStick Picoなどとは異なる為、慣れないうちは多少戸惑うかもしれませんが、要は慣れです。





外見的特徴


13

26650機としては、やや背が高い部類です。
バッテリーは底面のダイヤル式の蓋を回して挿入します。
多くの26650駆動MODがそうであるように、バッテリー収納部の丸みを背面に配置し、アールを付けた手に馴染むようなデザインを採用しています。
カラバリによりこの部分の処理は異なりますが、このブラックの場合にはカーボンシートが貼られています。


ボタン表面にはクリスタルガラスの装飾が施されていて、膨らんでいる分押しやすくなっています。
先に書いておきますが、ボタンの押し心地はすこぶる良好です。


カーボンとクリスタルのデザイン的な相性は個人的には全く理解不能ですが、成分的にはそれほどトンチンカンではないのかもしれません。





温度管理の精度



VO- chipの温度管理の実力は高く、個人的に非常に好印象を持っています。
やや難しいとされるSS316の制御についても粗っぽさは感じず、コットンを焦がさないように出力をカットしながらも、ミストは完全に絶やすことが無いように動くのは、ユーザーの立場に立った理想的な温度管理の姿だと思います。




カーブモード


35


5秒間という短めの時間設定が、煩雑さを低減しつつ使いやすさを強調しています。
プリヒート(余熱)的な設定から、コットンの焦げ防止まで、5秒あれば十分なカスタマイズが行えます。


1秒ごとのW数を設定してファイヤボタンを押している間、出力を上げ下げするという機能は、爆煙志向にもMTL派にも広くアピール出来る便利な仕組みだと思います。





重い



26650バッテリーそのものの重量だけでなく、本体が軽量化に無頓着という程に重量級なので、万一落として足の小指を直撃すれば大惨事です。
使用の際にしっかりグリップするだけでなく、保管の際にも一応気を配るようにしましょう。





基板のスペックの影響で最大出力こそ26650機としては、やや低いかと思いますが、実用面で考えれば十分過ぎるほど足りていると思います。
21700機が普及し始めた今、以前ならば『クソでかい』と一蹴されていたような機種が再評価されても良い気がします。
STRIDERはそうした中で一番にご紹介したくなる、そんなMODです。











インプレッション



26650シングルMODの最大のセールスポイントは、16850シングル駆動よりも瞬間的な出力と持久力の面で大きく優れていることです。
電池自体のスペックは最近普及してきた21700バッテリーよりも基本的に全て上です。



(*゚∀゚)「いや、別に18650のデュアルバッテリーのMODを使えばいいんじゃない?」



もうひとつのセールスポイントとしては『安全性』が挙げられます。
前提として、VAPEで広く使われているリチウムイオン二次電池は直列・並列を問わず2つ以上を繋げて使用することを安全性の面から推奨していない場合が多いのです。


※詳しい理由はアタクシも知りませんので詳しい別の方に訊いてください


つまりVAPEにおいて(メーカーの注意を良く聞いた上で)電池の面から安全性にコダワリを持つのであれば、18650デュアルやトリプル機を使うという選択肢が残念ながら消滅します。
高出力機種が使いたい場合は、シングルバッテリーということを重視することになるでしょう。
ということで候補は21700シングルか26650シングル駆動かに、ほぼ絞られます。
スペック的には26650が優秀ですので、必然的に26650シングルMODを選ぶことになるかと思います。



注意:個人的な見解ではありますが、デュアル以上のMODを単純に危険だと言うつもりは全く御座いません。安全というものは、エラーを起こさない&修正する機構の有無やその数、内容と合わせて、事故が起きた際の被害の規模などを総合的に見て判断するものだと思います。
VAPEの場合においての『安全性』とは、基板への安全回路の搭載および信頼性についてや、ユーザーによる確かな知識に基づいた点検と確認作業などを含めて多角的に議論、判断するものだと考えております。






気になるところ



57

37

底部の蓋についてなのですが、恐らくベントホール的な意味を持った穴が空いています。
他のAsvape製品にも見られた特徴なのですが、良く見ると電池のマイナス極が確認できます。
これ、下手すると水などが掛かった場合、直に電池を濡らすことに繋がるのであまりよろしいとは思えません。
もちろんVAPE機器そのものが『ほとんどの機種で防水機能を持たない』ということもあり、他の機種と比較してどうこう言うつもりはありませんが、ただ、油断するマイナス極側がすぐ錆びるということは覚えておいて損は無いと思います。








もう新商品は出てこないかもしれない



何だか先に小難しいことを沢山言ってしまいましたが、要するに信頼性の高い基板が入ったパワフルバッテリーのでかい重いMODがこのSTRIDERです。


0.4ohm付近の抵抗値のデュアルコイルをクラプトンワイヤーで吸うような方が少なくなくなった今、バッテリー容量はいくつあっても足りないのかもしれません。
また、普段そこまで爆煙で吸わない方でも



(*゚∀゚)「だからと言ってキツキツのMTLで吸いたいって訳じゃないんだよな」



という感じで、やや煙量多めくらいのセッティングで吸われている人はかなり居ると思っています。
そうなると18650バッテリーでは節約しても一日は保たない、というのが現状最も多いケースだと思います。
そんな中21700機は重宝されているわけですが、アタクシの経験上これでも丸一日絶対大丈夫・・なんてことはないんです。
デュアルバッテリー機を使えば済む話ですが、先程申し上げた安全上の理由で使用を躊躇う方も居るかもしれませんね。




52


(*゚∀゚)「よし、26650機を買うぞ」



ただ、恐らくは今後26650バッテリーを使用するテキニカルMODの新商品の発売はほとんど無くなっていくことでしょう。
何が言いたいのかと言われれば、つまり『後で欲しくなっても買えなくなるくらいなら、今買えるものを買っておこう』ということです。



( ̄∠  ̄ )「おいおい、また始まったぞw」



26650機の絶対数がそもそも少ないのですが、現状まだ流通しているようです。
VaporessoのNebulaなどが対抗馬になるかもしれませんが、温度管理面ではSTRIDERが優れています。コスパと最大出力、汎用性はNebula、という感じですね。
STRIDERの良い部分として、やはりデザインがそこまで『イカつくない』というものもあると思います。
やや貴重となりつつある26650機の選択肢のひとつとしてSTRIDERは必ず挙がってくる名前になる筈です。






オススメ出来るか?


30


デュアル以外の選択肢、というのが焦点なのだと思います。
重さについてはどっちもどっちですので、その辺りが気になる方は居ないでしょう。たぶん。

見ての通り落ち着いた雰囲気ですので、デザイン的な好き嫌いが無さそうなのも良いですね。






まとめ



26650機のインプレッションはこれで3回目です。
特にMODのインプレッションが多いのがこのブログなのですが、絶対数が少ないことと『これだ!』というのがあまり無いことが何となく反映されていると思います。


マッシブなテクスコを握る機会が増えたからなのか、こうした少々太めなMODを持っていても、そこまで大きく感じなくなったようです。
ご存知の通り26650バッテリーの背の高さは18650と同じですから、実際そこまで差は無いのかもしれませんね。いや、でかいなやっぱり。


温度管理で吸う方は基板性能も気になるでしょう。
ちなみに一時期『温度管理は無駄な出力を使わないのでバッテリーも長持ちする』という意見もありましたが、かなり低めの抵抗値(0.3ohm付近)のコイルを使用する温度管理では、設定温度に上げるまでに使う電力はそこそこになるので、ワッテージ運用と比べて特別長持ちすることはありません。
そうした意味でも大容量バッテリーが使えるのは有難いし、VO- chipの温度管理機能は優秀なので、使用にあたっての不満も無いと思います。


最新機種では無いので、今後ファームウェアが新しくなることは無いかもしれませんが、現段階でも見劣りせずに使える万能機として、今後も活躍が期待出来る機種だと思います。



04



Asvapeの26650テクニカルMOD、STRIDERのインプレッションでした。