VAPEを吸う方は多趣味なことが多いのでご存知の方も居るかと思います。

今日1月25日はRIOTのギタリスト、マークリアリの命日です。


亡くなったのは2012年ですから、もう8年も経ちます。早いものです。
長い間クローン病という難病と闘いながら、最期までアーティストとして生きた彼に敬意を払い、毎年命日にはRIOTを聴くことにしています。






RIOTとマークリアリ



HM/HR好きなら一度くらいは聞いたことがあると思います。
アメリカのヘヴィメタルバンドとしては最初期に結成されたにも関わらず解散することなく活動を継続していた非常に珍しいバンドです。
RIOTとは直訳すれば『暴動』です。やや物騒な名前です。
マークはオリジナルメンバーであり、中心人物でした。


マーク本人は黒いレスポールを提げたガリガリに痩せた兄ちゃん、という感じの見た目でファンから『もっと喰えよw』と良く言われていたように思います。
知らなかったとは言え、何とも残酷なことを言ってしまっていたものです。
マークはクローン病を患っていました。
クローン病というのは口の中から直腸に至るまでの消化器官全体に痛みを伴う炎症を起こすと言われる病気で、難病指定されています。適切に治療すれば日常生活に支障は出ないと言われていますが、体重の減少や様々な合併症を引き起こすことがあります。
マークは薬の副作用にも悩まされていたそうです。


幾度のメンバーチェンジを繰り返しつつも、本当に良い曲を作り続けてきましたが、呪いにでも掛かっているのかと本気で心配するほどに売れなくて、お金も無く、メンバーにも不幸が何度もありました。
可哀想で見てられないファンはアルバムが出る度に購入したものですが、そもそもファンの絶対数が少ないので焼け石に水だったのかもしれません。


代表曲はThundersteel、Warrior、Naritaなど。



マークリアリ最後のアルバムとなったのはimmortal soul。
訳せば『不滅の魂


この頃のマークは満足にギターが弾けなかったそうです。


不思議なのは、このアルバムの製作に伴い脱退した元メンバーが多数マークのもとに集まったということ。


ちなみにバンド名を冠した曲を作るというのはよくあることです。ただ何十年も活動を続けていたにも関わらず、RIOTには『RIOT』という曲がありませんでした。


アルバムImmortal soulのギターは代役を立てて収録したと言われますが、その曲がとにかくとにかく凄まじい。



( ≧∀≦)「マーク、俺が代わりに弾くぜ!」
( ・∀・)「ありがと、じゃあこれ譜面ね。ちゃんと弾いてね」
((( ;゚Д゚)))「こ、これを弾けと?‥‥‥(ムリじゃね)」



元メンバーが集まらなかったらどうするつもりだったのかは分かりません。
自分の最後の作品になることは感じていたのかもしれませんし、それをメンバーも感じ取ったのだと思います。アルバム全体に漂う緊張感や、得も言われぬ迫力がそれを物語っています。
これは想像ですが、特にドラマーであるボビージャーゾンベックは、恐らくマークの命が残り少ないこと、このアルバムに込めた思いなどを完全に理解していたと思われ、実に見事で鬼気迫るドラミングを聞かせてくれます。




そしてついにこのアルバムに『RIOT』という曲が収録されました。


自らの病気や宿命に対して屈服することなく、たった一人で起こした暴動。
それがバンドRIOTであり、彼の人生そのものがRIOTだったのです。


自分の生き様を『不滅の魂』として世に放ったマークは、静かにその生涯の幕を閉じます。


死因はクローン病の合併症(くも膜下出血)によるものと聞いています。
享年56才でした。










最後に



RIOTというと、変なあざらしの描かれたアルバムジャケットなどが話題になりますね。
あのセンスはちょっと理解できないし、見ているとじわじわくるwww


リストでThundersteel、Warrior、Dance of death、Storming the gates of hell、On your knees、Soldier、Night breakerあたりまで聴いたけど耳が幸せ胸いっぱい状態


まだRIOTを聴いたことがないけど興味はある、というHM/HR好きの方は今挙げた曲あたりから聴いてみてはいかがでしょうか。
どれもこれも名曲ばかりです。
命懸けでHM/HRをやっていた男の曲ですからそれも当然なのかもしれません。





あまり深く考えずに



(((*゚∀゚)))「うおおおおーっ!!」



と馬鹿みたいに首を振りながら聴くのが一番楽しいと思います。
きっとそっちの方がマークも天国で喜んでくれるような気がします。







May he rest in peace