よくビルド実例の記事に登場するアタクシ愛用のInnokin Coolfire Ⅳ plus
バッテリーは大容量(内蔵)で、振りも大きく重さもそこそこありますが、主に自宅で毎日のように使用しておりました。


そのCoolfireが‥



!Σ( ̄□ ̄;)「お前、一体どうした!?」



普通に吸おうとしてファイヤボタンを押すと5回に1回くらい勝手に電源が落ちるように。
もちろん抵抗値に問題も無く、ショートもしていません。Coolfireのディスプレイには電圧の表示があるのですが、ここの数値がかなり不安定になっているようです。



(  ̄ー ̄)「基板かな?電池かな?」



リチウムイオン電池は(聞いた話だと)500回くらい充電を繰り返すとかなり性能低下するそうです。
500回?そんなもんとっくに過ぎとるわーっ!


つまり


MODの寿命がもう残り僅かと考えて良いかと思います。



21

さがし~さがしもとめて~♪



( TДT)「ありがとうCoolfire、お前はアタクシにとっては間違いなく名機だったよ。他の人はそうでもないかもしれないけどさー」



バッテリー内蔵型のMODの宿命なのですが、基板や外装が無事でもバッテリー劣化により使用出来なくなるのがこうしたケース。


でも良く頑張ったよね。
あと少しは使えそうだから記念に保管しておくことにします。




注意:リチウムイオンバッテリー内蔵の小型電気製品のリサイクルに関しては、お住まいの自治体や購入した店舗に相談の上で適切な処理をお願いします。