だんだんとアイスコーヒーが美味しい季節になってきましたね。
真冬の間では、行きつけのお店以外で



(*゚∀゚)「アイスコーヒーください」
( ̄∠  ̄ )「アイス、でよろしいですか?」



と訊き返されることが多いのですが、それもすっかり無くなってきました。
汗をかく機会が増えたので、ゴクゴクと冷たいコーヒーを飲む方もそれにつれて多くなったのでしょうね。


アタクシが何故一年中アイスコーヒーしか飲まないのかと言えば単に『熱い飲み物が苦手』だから。









コーヒーの淹れ方はVAPEのRBAとそっくり



コーヒーを沸騰した100℃の熱湯で淹れてはいけない、というのは良く聞く話かもしれませんが、冷ませば良い訳ではありません。
というか、グラグラ煮立っていなければ別に問題無いと思って良いと思います。
お湯を沸かしたら、ヤカンに似た口の細い金属のポット(ドリップポット)に移すのが『プロっぽい』のですけれど、移す過程でちょうど適温になります。
どうなんでしょう、5~6℃くらいは下がって94~95℃くらいになるのかな?


※インスタントの方はドリップコーヒーに比べて淹れる工程で温度が下がることがあまりありませんので、あらかじめもっと冷ましてから使うと良いと思います。80℃くらいで良いんじゃないですかね。


ドリップコーヒーの場合、お湯が熱いと味が濃く出て、低いと薄く出ると言います。
間違いでは無いのですが、濃さはお湯を注いでからフィルターを抜ける速度にも関係しているので、低温でも濃くなることはあります。
濃さについては豆とお湯の量でいくらでも調節出来ます。


豆の量とお湯の量を変えずに、温度だけで味の出方の違いを楽しむ。
お湯の温度と豆の量は変えずに、注ぎ方を変えて味の出方を楽しみ。


好みの味を出す為に、いくつも選択肢があって、どれが自分に合っているのかを探しながら知識や技術を身につけていくというのがコーヒーの面白いところです。


でもこれってVAPEのRBAそのものですよね。
両者には通じるものが多い気がします。












まとめ



ただ、どうもコーヒーマニアからすれば何となく『アイスコーヒーは邪道』と見られているようです。
カップから立ちのぼる湯気と香りを楽しんだりする観点や、舌の上で味わうのに適した温度だとか、いろいろと言いたいことは分かるのです。


先程RBAと似ているという話をしましたが、VAPEで『〇〇は邪道』なんて言われたらどう思います?VAPEは自由なものだ!と感じる方が大多数なのではないでしょうか。


コーヒーの楽しみ方も同じように自由なものであって欲しいと思います。