来年卒業という方で、既に内定を貰ったという方が居ました。
親御さんも一安心でしょう。
良かったですね。


この内定というシステム。


言ってみれば貴方をうちの会社で採用したいけど、今すぐは働けないだろうから来年の春まで待ってあげる


というものです。
優れた人材だから確保したい、ということもあるのだと思いますが、仮に



( ・ω・)「君は優秀だと思うから現在行っているプロジェクトに今すぐ参加して欲しい。学校は辞めてくれ」



と一流企業の採用担当から言われたらどうするのでしょう。



そもそも良い大学を卒業したいという理由としては


『一流企業に就職したい』


というものが大きなウェイトを占める、のかもしれません。こうしたお誘いは願ってもないものの筈ですよね。ただし、この時点で学校をやめたら学歴としては高卒扱いとなります。


悩みますか?


むしろ内定というシステム自体がかなり不自然なものなのです。欲しい人材なら良い条件を提示して今すぐ採用というのが本来の形。


さて、どうしますか?










ここで



(* ̄∇ ̄)「今回は辞退させていただきます」



という答えが恐らく大多数を占めるのではないかと思います。
理由は色々とあると思いますが、簡単にまとめると大卒という肩書きを放り出したくない、というものでしょう。


しかし良く考えてみて下さい。


貴方と同じ○○大学卒という肩書きは、毎年量産されるもの。何の希少価値もありません。


例えば


①今すぐ学校をやめることは何人もの人に迷惑掛かるから出来ないが、まずは休みの日にそちらの会社に行ってアルバイトとしてお手伝いしたい。


②自分も出来るなら早く御社の力になりたい。学校に掛け合って卒業を早めるような交渉をお願いしたい。もちろん自分も同席させてもらいたい。


このように探せば前向きに取り組む方法はあるのです。いや、探さないといけないと思います。
無茶なことを言っているかもしれませんが、不自然をそう思ったまま放置し続けて、ツケを払うのはこれから社会人になる方々。
企業側にも臨機応変な対応がそのうち求められるようになる気がします。