花粉も一段落、という感じが出てきました。
ありがたいことです。
そろそろお花見の準備を始めないといけませんね。



注意:今回の記事はあくまでも個人の私観によるものです。内容の共感や提案を意図したものではありません。気分を害される方が居るかもしれませんので、感受性の強い方などの閲覧はご遠慮ください。単なる暇潰しのブログ記事に過剰に反応される方も読むのをお控え下さい。宜しくお願いいたします。







オリンピック&パラリンピック



そろそろ東京オリンピック&パラリンピックが迫って参りました。


正直アタクシはスポーツ全般への興味が乏しい人間ですので、恐らく開会式と閉会式くらいしか観ないのではないかと思っています。
勿論会場へも行かないでしょう。


ただ


選手を応援しないのかと言えばそれは違います。
応援する気持ちはあるのですが、そもそも選手も競技も知らないだけです。
同じ理由でサッカーワールドカップも観ません。
サッカーのルールをほとんど知らないのです。
選手については一人も知りません。
ただそれでも日本が勝ったと聞けばとても嬉しいのです。









招致について



オリンピックの開催が外国人観光客の増加により経済効果だけでなく、日本の文化を発信する機会として捉えられている‥らしいことは分かります。
かつてオリンピックを開催可能だということは、その国が先進国だという証明になるのだ、という話を聞きました。そうした考え方もあるのかと思います。
日本でオリンピック&パラリンピックを開催すること自体は名誉あることだと思います。


ただ


アタクシはてっきりオリンピック委員会側が



(*´∀`*)「次は日本で開催したいのだけど、宜しくお願いします」



と開催予定地にお伺いするのだと思っていたら、全然違っていて



( >Д<;)「次は是非とも、是非とも日本で開催してもらえませんでしょうかお願いしますお願いします!」



という感じで頼み込むのだと知った時に



( ・∀・)「‥‥なんじゃそれ」



という感想しか抱きませんでした。
オリンピックってそんなに偉いの?
名誉ってお願いしたら貰えるものなの?
ここが相応しいとみんなが思う国で開催して、その競技で世界一になった人が金メダルを貰い、それを全員でお祝いする。
違うの?


どうやら違うようです。


アタクシはやっぱりスポーツには疎いようです。
どうやらアタクシが考えるようなオリンピックというのは地球上に存在していなかったらしいです。











パラリンピック


パラリンピックには聴覚障害を持った方が出場すら出来ない、なんてことは知らなくても良いことかもしれません。


ですが


パラリンピックの誘致により障害者の方が生活しやすいように環境整備が行われるのは確実となっています。
規模は不明ですが、様々な施設や街の中で具体的に工事や改善が行われているのはアタクシも目にしています。


これは意味のあることだと思います。
オリンピックは何処の国で開催しても同じだとしても、パラリンピックに関しては招致した甲斐があったのではないかと思います。







まとめ



誰しもが急に明日、大怪我を負って身体に障害が残る可能性があります。
アタクシの義理の兄がまさにそうでした。
外出用の車椅子を組み立て、それを押しながら歩いた時に。ああ、まだこの国には障害者に優しい環境が整っていないのだな、と感じました。


何か大きな力が働かなくては、いつまでも原状維持。
その状況を打開する可能性があるのがパラリンピックの開催なのかも、と思った次第です。


でもアタクシ、パラリンピックも競技内容を知らないので、応援はしますが、たぶん観ないと思います。