仕事で無理をしがちな方は、手遅れになる前に身体や心を休めることが必要だと思います。
ただし何となく疲れているからとか、精神的に追い込まれているので、という理由で休むことが色々な意味で難しいのが現代社会。


社会人として働く上で必要なスキルは多々あれど、ほとんど見過ごされているのがこの


仮病で休むスキル


なのです。



仮病とは・・という説明は不要だと思いますが、要するに病気のふりをすることです。
取り繕っても仕方ないので直球で書きますが、つまり嘘をついて仕事を休むのですから一般的な常識に照らせば悪いことです。
しかし嘘というのはバレるもの。
ですが仮病で仕事を休んだのがバレたとしても、場合によっては



(*゚∀゚)「嘘だったのか・・(でも、あの人がんばり過ぎてたしなあ・・きっと疲れたんだろうなあ)」



と噓を咎められずに済むことも多いのです。
今回はこのように、バレてしまったり、何となく察してしまう人が居ても大きな問題にならずに済ませられるケースを考えていきたいと思います。












仮病の美学



何事にも準備が必要です。
仮病で仕事を休む時に大切なことは可能な限り他の人に迷惑を掛けないという点。これに尽きるかもしれません。
他人に大きな迷惑を掛けたりするのが確定している場合は、こう言っては何ですが仮病で休むことは出来ません


・自分がやる筈だった仕事を他人に振る
・スケジュールに遅れが発生する
・アポイントのドタキャン


仮病で休むことにより、職場や取引先の業務を混乱させたり妨害してしまうのは最悪です。
小売業の場合は開店時間の遅れを起こすことで運営会社がペナルティを負う場合もあります。
仮病で休む為に必要な条件とは


自分が休むことで発生したマイナス要素を、後日自身の力だけで短時間で取り戻せる状況である


ということ。


この条件下であれば例え仮病がバレてしまっても咎められる可能性は少ないと思われます。
前述の準備とは、仮病で休む前に如何にしてこの条件を整えるか、ということです。











病名について



世の中には仕事を休むに値する病気が無数に存在しています、が!仮病の際に使用可能な『病名』について言うならば、使えるのはごく一部となります。





使用が相応しく無いもの



1、がん・心筋梗塞・脳卒中といった三大疾病

命に関わる重大な病気の為、周囲の方からの心配が段違いであるということ。
というか仕事を休んだ翌日から普通に出勤することがほぼ不可能。


2、入院・手術・療養が必要な病気

これも周囲の人が心配し過ぎるのでNG。
勤務先から診断書の提出と共に休養を勧められる可能性もあります。


3、高血圧・肥満などの生活習慣病の一部

立派な病気なのですが、仕事を急に休むようなものではありません。
これで休むのであれば成人男性の3割、女性なら2割が出勤出来ない可能性もあります。


4、感染症(1類~4類)

就業だけでなく入院に関しても法的な制限が発生したりします。
新聞に載るような病名を軽々しく口にしてはいけません。


5、性病各種

立派な病気で深刻なものも多いのですが、復帰後の職場環境が悪化する可能性大。
仮病で使用してはいけません。


6、認知度が著しく低い病名

指定難病など。
そもそも仮病なのですから、その病名を使わねばならない必要性は皆無です。



といった感じです。
では仮病の際にはどんな病名を挙げれば相応しいのでしょうか。





使用が相応しいと思われるもの



1、病名無し

頭痛、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの病名は分からなくても症状がはっきりしているもののことです。
ポイントとしては病院に行かなくても常備薬や薬局で買える薬で改善する可能性があるという点。
診断書を提出しろ、と言われることも少ないと思います。


2、重い風邪

単なる風邪なら薬を飲んで出勤、という流れですが、ここに『重い』を付けるだけでパワーがアップします。
風邪の症状は誰もが知っているもので、それなりに辛いことも分かっています。
それが『重い』のだから想像がしやすい訳です。これは仕事を休むに値する病気として納得でしょう。



これら2つに共通するのは、翌日ケロっとして出勤することも不自然では無い『たいしたことはなさそう感』が演出できることです。
周囲の人間は貴方が休んだ事実すら記憶にほとんど残らないのですが、自分自身は仮病で休んでリフレッシュ。これがとにかく一番良いのです。










まとめ



仮病で休むことは記事内にも書いてありますが基本的には『悪いこと』です。
ただし、背に腹は・・という意味では時に必要なこと。


会社によっては就業規則などで処分について決められている場合もありますので、一概にオススメなどするつもりは無いのですが、手遅れになってからでは遅いのも事実。
最近電車の遅れが目立ってきました・・いろいろと悩んだ結果最悪の道に進まない為にも普段から自分のケアを忘れないようにしましょうね。