08


商品名:Serpent SMM RTA(サーペントSMM RTA)
メーカー:Wotofo
タイプ:RTA(基本シングル用 変形2ポスト4ホール)
径:24mm
容量:4ml
接続:510





Wotofoのシングル特化RTA、Serpent SMM RTAのインプレッションです。







Wotofoと言えばSerpentという時期がありましたね(今もね)。
辛うじてまだ流通しているRTAです。
カラバリ豊富で、このシルバー以外にもいろいろあるようです。


SMMというのはSuck my modの略。

21



海外の有名なVAPEレビュアーさんなのかもしれません。それにしても非常に下品な名前ですね。










面白みの全く無い外見をチェック




08

※ドリチは変えてあります


歴代Serpentシリーズの中では最もクセの無い・・と言いますか何の変哲もない見た目をしています。
リキッドは今では当たり前のトップフィル。
お盆のようなトップキャップを外すと注入口が現れます。ごく普通。

33

51






そしてオーソドックスなタイプのエアフローコントロールリング。
リングは真下に引き抜けるタイプです。
全閉するとほとんど吸えないので精度は高い方だと思います。
全開にしても割と抵抗を感じます。


04


ちょうどこのアトマイザーが発売された時期から、このタイプのリングが増えてきましたね。
長所としては洗浄が楽。
短所としてはMODに深くねじこんだ際にリングの調整が効かなくなる(動かなくなる)というところでしょうか。






47

チャンバーの裏側はこんな感じです。
チムニーとの接合部近くに深めのテーパー。さらに階段状の段差が付けられています。


チムニー上部のテーパーは非常に浅いので、恐らくこの接合部近くの急激な変化で、一気にミストに回転を加えてリキッド+空気の混合気をいい感じに撹拌させよう、という意図が見えてくる・・気がします。


ちなみにこのアトマイザー。
スペアガラスが2つも付属しています。計3つ。
理由も無くこんなに付属させるとは思えないので、恐らくこのガラス、割れやすいんだと思います。



( ̄∠  ̄ )「なんか、今回の記事、あんまりおもしろくないね・・」













使いやすいデッキ構造



ここまで褒める要素がほとんど無かったのですが、SMMの最大の、そして唯一の特徴がこのデッキ構造です。


SMMはデッキ底部がタンク底より高くなった『フローティング・デッキ』を採用しています。
Digiflavor Siren v2 MTL RTA GTA(長い!)やInnokin Ares MTL RTAなど、結構人気のRTAで採用されている形状でもあります。




フローティング・デッキのメリットとしては・・


① タンクにある程度リキッドが入っている状態だと、デッキ下部の広範囲をリキッドによる冷却効果で冷やすことが出来ます。これによりアトマイザーの熱をMODに伝えにくくなり、コイルの冷却にもある程度効果があります。


② デッキとドリップチップの距離が短くなる為、ややダイレクト感が増します。




このSerpent SMMではフローテイング度合いはごく僅かですので、②の効果はほとんど無いでしょうが、①については割と効き目がありそうです。



33


※実は完全に写真でやらかして(肝心部分が写ってない)いますが許して・・


一見すると最近は特に珍しくもない変形2ポストのデッキに見えますね。固定箇所がそれぞれ2か所(計4か所)あるので、コイルを巻く際に右利きでも左利きでも不具合が出ない仕様。
シングル向けではありますが、工夫すればデュアルでも組める感じです。



(*゚∀゚)「いい感じじゃん!」



写真では見えていないのですが、実はこのデッキ、コイル直下にエアの吹き出し口がありません



(*゚∀゚)「どこから空気出てくるの?」



コイルを挟み込むように位置する変形2ポスト。この側面(コイル側)に吹き出し口があり、そこからエアーが吹き込んでくる構造となっています。どこかで見たような仕組みですね。
つまりサイドエアフローです。


このSerpent SMMは今から1年以上前の2017年にリリースされた『Wotofo版のWasp nano RTA』とも言える構造のアトマイザーなのです。














ビルドは難しくない



17


SMMのような「ここにコットン入れてね」というホールの付いたデッキの場合は、素直にそこをコットンで埋めてやるのが天邪鬼じゃない素直なビルド。
コイルの固定も(プラスドライバーなのが気に食わないけど)とてもスムーズです。


2ポストの間のスペースを贅沢に使えるので、大きなコイルも楽勝で置けますね。













吸ってみたら印象は変わる!



Wotofoのデッキ全振りRTA。
径は24mm。タンク容量4ml。
シングル用だけどデュアルでもいける。
Waspみたいなサイドエアフロー。


こんなの絶対にDL向けだと思うじゃないですか、ねえ。



しゅこーーーーーーーっ



(*゚∀゚)「・・(あれ?)」



ぷほーーーーーー



全然DLじゃないw
エアフローコントロールリングの隙間から覗くと、空気取り入れ口の穴はそのままポスト脇の吹き出し口に繋がっています。つまり独立式。
しかも精度良く閉じられる。
チャンバー内のビルドスペースは広いけど、ほとんど変形ポストで埋められており、結果的に狭小。



(*゚∀゚)「ちょっと細いドリチ探してくる!」



見た目からは想像できない吸い心地。
DLどころか、かなりMTL寄りのアトマイザーです。
しかも結構いい感じ。


わからないもんですね。
これだからVAPEは面白いです!


















インプレッション



助走の長い記事ですね。
ようやく離陸しました。


実はこのSMM、以前から気になってはいたのですが、しばらくすると気になっていたことすら忘れ、存在すら忘れ・・という感じで頭の片隅にも残っていなかったのですが、Wotofoの新作Serapent Elevateを調べていて「あ!」と思い出し・・で、お安く買えるところで手に入れた感じです。


そこそこ人気のあったアトマイザーですが、ひと昔前のメーカー各社がこぞってシングルコイル用のRTAを出していた時期とは少しずれてしまっていて、人気もしゅわしゅわしゅー・・になっていったイメージです。







漏れるの?



最近は漏れにくいRTAばかりになったせいか、漏れ=許されない、という流れが出来ているように思えます。
基本的にどんなアトマイザーだろうが、漏らそうと思えば漏れるわけで、絶対はないのです。



(*゚∀゚)「構造的に似てるWasp nano RTAがかなり漏れに強そうなんだけど、SMMもたぶん漏れないんだよね?ね?」



Wasp nano RTAもSerpent SMMもリキッド漏れは他のボトムエアフローRTAより起こり難いと思います。ただ、チャンバー内の結露に関しては確実にあるので、たまった水分が空気取り入れ口側に逆流し、リキッド漏れと似たような現象を起こすことは無いわけではありません。
エアフローコントロールリングの奥で3つの穴が繋がっているWasp nano RTAは、そこへ水分が一度入って、留まる感じになりますがSMMはダイレクトに取り入れ口側に滲んでくるので、やや・・まあそんな感じです。
起きてることはどちらも大差ないと思います。











気になるところ



外見が全然面白くない。













おすすめ度合い



見た目でドヤりたい方には完全スルーをおすすめしますが、男も女も大事なのは中身だ!外見なんて全く関係ないぞ!という方には心底オススメしたいRTAです。


基本的にはMTL専用ではないけれど、やや軽めのMTLを得意とするアトマイザーとなります。
この微妙な隙間加減、実は大好物だという方は意外に多いはずです。
もちろんアタクシもその一人。


リキッド容量も多いので、消費の多いセッティングにしてもチェージの手間はさほど掛かりません。
隠れた・・なんてものではありませんが、リリース後の不完全燃焼具合を今こそ解消させてあげたいRTAです。












まとめ



聞くところによると、購入したけどもう手放した、なんて人が結構居るようです。


いや、分かります。
見た目太いし、純正ドリチなんて完全にワイドボア。
DLでぷっはあーーーーーーっ!とやるつもりで購入したのだと思います。





蓋を開けたらこれ。(とスペアガラスだらけ)
なんか違うと思いますよねwww


今思えば、もう少しプロモーションの仕方があったんじゃないのかなあ・・と少し残念に感じます。
(少し落ち着いたとはいえ)MTLの人気も割と高まっていますね。
ここで少し挽回させてあげたいと思い記事にさせていただきました。


あと下の写真のことですが、このSMM、Pico21700にすごくきれいに収まるんですよ。
純正スターターの付属アトマみたいに見えません?



22




Wotofoのシングル特化RTA、Serpent SMM RTAのインプレッションでした。