PicsArt_04-26-04.44.35


商品名:Cuboid mini(キューボイドミニ)
メーカー:Joyetech 
タイプ:テクニカル
バッテリー:内蔵(2400mAh)
接続:510(スプリング)



Joyetechのバッテリー内蔵式テクニカルMOD、Cuboid miniのインプレッションです。





Cuboidとは全ての面が長方形の6面体を意味する言葉です。
現在も見た目や機能を変えながらたまにリリースされるJoyetechの代表作のひとつでもあります。
Joyetech的にはある程度フラッグシップ的な感じで質感や機能を重視していたように思えます。
ただ近年リリースされたモデルは、もう見た目が小型のデジタル小物にしか見えなくなっていて、好き嫌いがはっきりと分かれてしまいそうです。
このCuboid miniは、まだ『普通のMOD』の面影を強く残していたころの製品です。


今更何を書くのか、という程古い機種ではありますが、しばしお付き合いいただければ幸いです。








基本的性能(ファームウェアver3)



・内蔵式バッテリー(2400mAh)駆動、最大出力80w
・通常のワッテージモード、バイパスモードの他Ni、Ti、SS316の温度管理モード搭載(温度管理中の出力調整可能)
・マニュアルTCR搭載
・ファームウェアアップグレード対応




外見的特徴



PicsArt_04-26-04.46.14


・アトマイザー径は22mmでジャストサイズ
・ディスプレイは側面
・ファイヤボタンは正面上部、カーソル(+-)ボタンはディスプレイ下部
・底面にリセットボタン有り
・高速充電機能無し(1A以下の充電推奨)


PicsArt_04-26-04.46.59









基本操作


PicsArt_04-26-04.47.48


PicsArt_04-26-04.48.31




電源オンオフ:ファイヤボタン5連打。
モード切り替え:ファイヤボタン3連打の後「+」ボタンでモード送り。ファイヤボタンで決定
モード内数値操作:「+」「-」ボタン
モード内パラメーター移動:ファイヤボタン3連打の後「-」ボタンでパラメーター移動、「+」で内容変更
マニュアルTCR設定:電源オフ時にファイヤボタンと「+」ボタン長押し


PicsArt_04-26-04.49.09




基本操作方法はJoyetechのeVic VTCなどと同じです。
慣れた方なら何の迷いもありません。pico等のEleaf系とはほんの少し違います。


見た目は何の変哲も無いBOX型のMODですが、内蔵式バッテリーの為、ギリギリまでスリムになっています。
類似機種のeVic VTwoと比べれば高さは7ミリ程度、奥行きは3ミリ程度小さいです。横幅はほぼ同じ。



PicsArt_04-26-04.51.13




充電用のUSBケーブルの挿し込み口はファイヤボタンの反対側に位置してます。立てて充電可能なのは地味に使い勝手が良いところ。






必要十分な出力と優秀な温度管理機能



最大出力80wですから18650シングル駆動のMODと比べても遜色ありません。
TC(温度管理)機能も申し分はありません。
特にマニュアルTCR(m1~m3)は3スロット用意されているので、プリセット的に切り替えられるのも良いですね。もちろんTC中の出力設定も可能。







ファームウェアアップグレード対応!Arctic Foxにも!



2016年の9月が最後となっていますが、現在V5.04が配信されています。初期Verと比較するとプリヒート機能が追加されており、ディスプレイ表示なども文字が大きくなったり・・いろいろ変わっています。


JoyetechやEleaf、Wismecなどのカスタムファームウェアで有名なNFE teamのArcticFoxにも対応していますので、自己責任ながらもより細かなカスタマイズが可能となっております。







割と重い、と言う方も居ると思いますが、内蔵バッテリー込みで、しかも外装は金属(SSの外装はステンレスっぽく、その他カラーは亜鉛かな?)なのにこの程度なら『軽い』と感じた方が正常でしょう。
この適度な重量感は個人的には心地よいと思います。


軽量スリムでデザインにクセの少ない万能機。
内蔵バッテリーという点をマイナス要素として捉える場合はあるかもしれませんが、それを差し引いてもプラスが多い良機種だと思います。

PicsArt_04-26-04.45.26






価格が安くて使用に問題が無ければ、リリースから時間は経過していても十分に活躍できるJoyetechの優等生、それがCuboido miniです。


















インプレッション




Twitterやインスタグラムのアカウントをチェックして下さっている方はご存知だと思いますが、このCuboid mini。アタクシ全5色コンプリートしております。



PicsArt_04-26-04.53.19


( ≧∀≦)「色によって機能に違いがあります」



違います。そんなわけないでしょ。



PicsArt_04-26-04.52.16
アベンジャーズかなw




内蔵バッテリーの機種というのは使わなくても自然放電で電気を消耗してしまうのですが、一定以下の電圧になると過放電という状態になり、充電すら受け付けなくなります。
パソコンやそれに類する機器などでたまに起こるのですが、VAPEのバッテリー内蔵式MODでも同じことが起こったりします。


ということでそうなる前に充電すれば良いのですが、その為に店頭ではパッケージを開封しなければならず、しかも通電させてしまえば未使用の新品とも言い難い訳です。


ということで発売後時間の経過した機種はセール対象になったりします。



( ≧∀≦)「安いしモノは良い筈だから買ってしまおう!」



ということで購入したのが1台目。
使ってみたら思いの外使いやすい!
そういえば同じような内蔵式だったCoolfire4plusが逝ったばかりなので、代わりになる機種が欲しかったんですよね。
気に入ったら2つ買う癖のあるアタクシです。
じゃあ自宅用にもう一個買おう。これで2台。
そういえばカラーバリエーションってどうだったかな?と気になり、どうせ安いしと冗談半分で3台目を購入。
半ばネジが弛み始めたところで4台目を買い、この際だから(?)と全色揃えてしまおうと5台目。



((( ;゚Д゚)))「(バカなのかな?)」



せっかく全色揃ったのだから写真を撮ってJoyetechに送り付けてあげたいと思います。


Love Joyetech!
Viva Joyetech!


5月のEXPO行くから何かくれwww









とても押しやすいボタン



ボタン類の押し心地についてですが、ファイヤボタンについては満点です。
大きさ、質感、押し代、全てにおいて最高レベルです。
やや軽めの反発で、連打も非常にやりやすい。
カードルボタンについても、厚みの割にきちんとしたクリック感があり、とても好感触です。


ボタンの押し心地というのは長く使っていく上では割と重要な要素だと思っていますが、もう何と言うか、こういうの本当に嬉しい。









底面にリセットボタン



リセットボタンはファイヤボタンと同時に押すと機能するのだそうですが、使う機会があまりありませんのでよくわからないです。
ファームウェアアップグレードの際に不具合(電源が入らない時)などにお使いください。


※本来の使い方なのか分かりませんが、バッテリー過放電状態で充電を受け付けなかった場合に押したら、充電可能になったことがあります。ヒヤヒヤさせやがって・・












大人っぽいシックなデザイン


PicsArt_04-26-04.50.14



サイドの黒い縦ラインがディスプレイカバーも兼ねており、デザインのアクセントになっています。
裏側の上部には『Cuboid』の表札的なものが付いてます。
見ての通りすごくシンプルなのですが、これが大人っぽい落ち着いた雰囲気に繋がっています。


Joyetechは少し前はみんなこんな感じで『派手ではないけど、そこが良い!』というモデルが多かったんです。こうした路線、残して欲しかったなあ・・


そんなこんなで、30歳以上のスーツの似合うビジネスマンVAPERにはしっくりくるのではないでしょうか。












気になるところ



内蔵バッテリーなので、どんなに気に入っていてもバッテリーの寿命が来ればMODごと使用不可能になってしまうという部分。
これは仕方ないのですけれど、出来が良い分残念だなあと感じます。














オススメ度合い



長く使えるファームウェアと、充実した機能。
コンパクトな本体と使いやすいインターフェイス。
シックで大人っぽいデザインに魅力を感じる方にはオススメの機種です。


PicsArt_04-26-04.54.49



国内で扱っているお店は少なくなりましたが、海外からはまだ買えるようです。
ただし、リリースから時間が経過している分、過放電状態で売られている個体の割合も多くなっている筈です。そこは要注意だと思います。














まとめ



内蔵だからバッテリー交換不可とは言え、これだけ持っていて使いまわせば10年くらいはいけそうな気がしますw


アタクシは手が小さい方なので、正面~サイド~裏面~逆サイドの4辺の長さの合計が大きくなると持ち難い感じがしてくるのですが、その点Cuboido miniはいいですね。本当にしっくりきます。


新商品のチェックに余念が無いVAPERさんは多いと思いますが、時には少し前にリリースされた機種にも目を向けると選択肢も広がるし、中には自分のセンスにぴったりのものが見つかるかもしれませんよ。
長いお休みの楽しみ方として、いかかでしょうか。





PicsArt_04-26-04.54.07




Joyetechのバッテリー内蔵式テクニカルMOD、Cuboid miniのインプレッションでした。