暑い!!


また今年も猶予無く暑い夏が来ましたね。
この何と言うか



(*´ω`*)「はーい、今日から気温10℃上げまーす」



みたいにエレベーターのような気温変化には辟易します。2℃刻みとかで一週間程度かけて夏気候になって欲しいといつも思います。








大先輩



最近二周りくらい上の先輩方とお話する機会が増えました。まだまだ働く体力も意欲もあるシニア層と言われる人達がたくさんいらっしゃいます。



(^3^♪「年金じゃ足らないけど少し働けば旅行だって行けるのよー」



これは完全に個人差がある話ですが、年金を貰える年齢になった時に働く元気があるのか無いのかで、その後の人生が大きく変わりそうだと感じます。
勘違いしている若い人は多いのですが、年金というのは支給額を遥かに上回る収入が無ければ、現在の収入にプラスアルファで貰えるお金のことです。
月に数万円の支給じゃ暮らせない、というのはもっともな意見ですけど、例えば何らかの収入(アルバイトなど)が十万円あれば、そこに年金が足される訳です。補助制度としては悪くない話だと思います。


ということですから、年金を貰いながら働ける人は、かなり有利です。



(・∀・)「ワシは働かないで生活したいんじゃ」



という方は、若いうちにそれに見合った努力(言うまでもない)をして、働かないで生活する準備をしておくしかないです。
それをした人としていない人を平等に扱う程、この世界に余裕は無いのです。











折り返している



そんな方々と接していて感じるのは、我々アラフォー世代は人生の折り返し地点に居るのだということ。
40で折り返すとすれば、体力や時間を注ぎ込み精力的に何かに取り組むのは30〜50歳くらいまで目処をつけなければならないのではないかと思います。


50代後半に大きな負債を背負うような生き方が賢明じゃないということです。
そして大事なのは60を過ぎたあたりに、肉体的にも精神的にも余力を残しているかいないか。


アタクシがお話した先輩方は年金を貰いながらも働いていて、たまに好きなものを食べ、趣味を楽しみ、人によっては恋愛も頑張っていました。
アタクシ特に良い生活がしたい訳ではないのですが、あと20年後くらいに、他人からの貸し借り無く、楽しみが悩みよりも多い生活が出来たら良いなとは思っています。










まとめ



まだまだ先のことですが、人生の幕を下ろす時に



( ╹▽╹ )「もういろいろやり尽くしたし、後悔もないよ」



と言えるようになりたいものです。
60歳というと、まだまだ想像し難いのですけど、実際に聞いてみると



(・∀・)「いや、人生80年。ここからが長いのよ」



とのこと。
確かに。


このブログもまだまだ続きそうです、