Lumii_20190822_131714034

商品名:熟成厚焼き玉子風蒸しパン
メーカー:ヤマザキ製パン
タイプ:菓子パン
カロリー:433キロカロリー



ヤマザキ製パンの熟成厚焼き玉子風蒸しパンのインプレッションです。






コンビニで買える『美味しいパン』と言えばヤマザキパン。
その隠れた人気アイテムが今回紹介する


熟成厚焼き玉子風蒸しパン


です。



Lumii_20190822_131714034
Lumii_20190822_131805368



外見的特徴



見ての通りの物。


①ラップだけの簡素なパッケージ
②パンコーナーではなく和菓子コーナーにあったりする
③たいして美味しそうには見えない


という感じです。










食感や味付け



パッケージから取り出してみます。
パン自体は中に十分に水分を含んでしっとりとしており適度な重さを感じます。そして全体は程よい弾力を持っており、生地がムラ無く均一に膨らんでいることが分かります。


口に入れた際、パン特有の口内の唾液が吸いとられる感覚は皆無。みずみずしいことこの上ないです。
次いで鼻に抜けるのは香ばしい玉子の香り。まさに厚焼き玉子のあの匂いです。
舌触りは細やかながらも、ねっとりしつこい感じはしません。


味は厚焼き玉子と蒸しパンのちょうど中間、という感じです。甘過ぎずどんどん食べられます。


和菓子とも洋菓子とも取れる不思議な味わいが、極シンプルながらも、味覚と嗅覚の深いところまで満足感を運んできます。
よくぞここまで練り上げた、と思わずにはいられません!



ヤマザキ製パンの懐の大きさを表すようなこの製品。
玉子が嫌いで無ければ是非一度試す価値はあると思います。












インプレッション



( ・∀・)「‥‥(何が始まったの?)」



ヤマザキ製パンは千葉県市川市創業の製パン業者で、確か業界では世界第二位の規模を誇ります。
JR総武線市川駅の前(ど真ん前)にはそのビルがあり、中では様々なヤマザキ製品が購入出来ます。
市川市にはヤマザキパンの研究所があったりもします。駅前の小さなパン屋さんから世界的企業へと成長したヤマザキ製パンは地元の誇り。



( ・∀・)「どこでも買えるパンとしては、一番美味しいんじゃないかな」



スーパーやコンビニのパンコーナーはヤマザキ抜きには構築不可能と言っても過言ではありません。さらに和菓子や洋菓子も多く手掛けており、グループのヤマザキビスケットなども合わせれば店一軒くらいは開けそうです。


そんなヤマザキですから、製品ラインナップが広告枠に収まり切らないのも事実。
知られざる良品がまだまだ存在しています。
今回のコレもその中の1つ。


ということでアタクシがこの製品の魅力を丁寧にお伝えしていこうと思います。










パッケージが雑



厚焼き玉子風蒸しパンは、一度食べた人がリピーターとなり評判となった製品ですが、一度も食べたことが無い方は、恐らく手に取ることも無いのではないかと思っています。


その理由としては、このあまりにも簡素なパッケージ。ラップで雑に包んだだけというのは、完全に昭和のそれ。令和の世でお客様の目を惹くにはあまりに弱いと言えます。


恐らくそれはお店側が気付いているようで、店頭では手作りPOPで訴求力を上げる努力が見られます。










カロリーがエグい



実に433キロカロリー。
これが玉子+砂糖の破壊力。
痩せたい人が食べるものではないことは疑いの余地がありません。


しかし、あの優しいストレートな甘さは合成甘味料では再現が難しいのも確か。


ここは覚悟して召し上がる以外に選択肢は無いかと思います。なんなら一食抜くくらいの気持ちも必要。










アレンジ可能



元々の味がストレートかつ高品質なので、ちょい足しのアレンジも相性が良いと思います。
上下半分に分けてチーズを挟んだり、又はウインナーを絡めても極上。


そう、視点を少し変えてパンケーキのように考えればさらに楽しむことが出来そうです。


安くて(百円ちょい)美味しい。


セレブリティなグルメも良いですが、素材の良さを生かした素朴な味がこの蒸しパンのウリ。
初めての感動の中に垣間見える懐かしさが不思議な厚焼き玉子風蒸しパン。
是非ご賞味あれ!










まとめ



チーズ蒸しパン以来と考えたら、本当に久しぶりのヒットかもしれません。
思うに蒸しパンというものは、そこまで美味しいと感じるものが無い代わりに、不味いというものも無いのでしょう。


そうした状況を華麗に覆した力は手放しで称賛されても良いかと。
玉子嫌い、もしくは玉子アレルギーでは無い方は、きっと食べて損は無いと思いますよ。





注意:千差万別な人間の味覚を無視したジョーク記事です。感じ方に個人差がございますので予めご了承下さい。また当ブログ及び管理人はヤマザキ製パンから何ももらっておりません。