電車内でいちゃつくカップルを眺めている人、そんな人達の顔を眺めていると様々な気持ちが表情に表れていて興味深いです。


先日ご相談を受けた方が、こんな話をしてくれました。



( ;∀;)「会社ではノーマルを装っているのですが実は重度のオタクです(中略)‥‥ノーマルな彼氏が出来そうなのですが、付き合えば必ずバレます。バレたら引かれてしまうと思います。引かれるレベルのオタクなのは自覚してます。やっぱりオタクはオタクと付き合う方が幸せになれるのでしょうか?」



この悩みの核となるのが、オタク同士の交際はうまくいくのか?というもの。










オタク同士



確かにオタクにはオタクにしか分からない苦労や悩み、逆に楽しみがあるのだと思います。
それらは、その枠の外に居る人には理解出来ないものが多いのも事実でしょう。


恋人同士になるということは、生活の多くの部分で同じ時間や場所を共有するということ。


オタ活割合が多い人は、その部分を恋人に見せる機会が増えるのですから、相手の理解が得られないならば、その時間はお互いに心が通わないのではないか?という心配は良く分かります。



( ;∀;)「決して同じジャンルでなくても、同じオタクならハマる気持ちは理解してもらえると思うんです!」



ならば同じオタク同士で付き合えば、そうした危惧は無くなるんじゃないか?


つまり、オタクはオタクと付き合うしかないのではないか?



( ・ω・)「なんとなくその通りのような気がするね」



アタクシ、これ系のご相談には必ず同じ回答をしております。


答えは『ノー


オタクはオタク同士で付き合う方が幸せになれるというのは全くの誤解です



( ・∀・)「?」



VAPE界隈でも見られますが、同じ趣味を持つ者同士のいざこざや争いは絶えません。むしろ同じ趣味同士だからこそ、着地点が見えない。


アニメやアイドルオタクも同様の傾向が見られます。物凄くどうでも良い話ですが、この前最強のガンダムはどれだ?という話を友達としていたのですが、それはターンAガンダムだという友人に対してアタクシはユニコーンガンダムだと主張。お互い譲らず小一時間話し合いを続けました。
両者、相手に対して『物語への理解度が足りない』という主張なのですが、結局物別れです。
割と仲の良い友達同士で、普段はうまく付き合えている間柄であっても、趣味の話となれば別。



(* ̄▽ ̄)「君達はむしろ同じ趣味でない方が友達としてはうまくいくんじゃないのかね?」



オタクだから、自分以外のオタクに対しても理解がある‥‥というのは間違いではないかもしれません、が、だからといって相性が良いと考えるのは少し短絡的なのではないでしょうか。











実際にうまくいっているオタク同士のカップルの話



世の中にはこの『オタク同士はうまくいく』という考えに基づいた‥のかは知りませんが、彼氏も彼女もどちらもオタクというカップルが多く存在しています。
そのなかで、実際に良好な関係を築いていたり、結婚した方々というのもやはり多いのです。



( ;∀;)「やっぱりオタク同士の方が幸せになれるのですね!」



ここからは完全にアタクシが関わった人達からの情報のみで話を進めますが、こうした方々が『恋人と良い関係を築けた理由』として挙げるのは、ほとんどがオタクと関係無い部分だったりします。


例えば


価値観が近いから
居心地が良いから
優しいから
家庭的だから
頼り甲斐があるから


などなど。



(*´∀`*)「確かにオタク同士で話が合うというのもあるけど、結局それだけじゃ長続きしなかったと思う」

つまりはそういうこと。










オタバレして別れる?



オタクであることがバレるのを『オタバレ』と呼ぶそうです。
今回の相談者の方もそうでしたが、オタバレすると恋人との関係が壊れると思い込んでいる方があまりに多いです。


これについてもはっきり申し上げておきます。


アタクシ何十年も多くの方と関わってきましたが、ただの一度もそんな方とお目にかかったことはありません。もう一度言います。


恋人がオタクだから別れるというケースは、まずありません



( ・`д・´)「嘘だ!」



言い方を変えます。
オタクだから(だったから)別れるということは、まず無いのですが、隠し事をしていたということから相手の信頼や自信を失ったりして破局に繋がったり、関係が悪化することはあります。
また、実際に別れた人の中には、決定的となった明確な理由が別にあるにも関わらず、破局の理由をオタク趣味だったからと偽っていることもあります。これは別れた原因が明らかに自分にある場合、その責任から逃れる為に嘘をついているのです。
事情を知らない人が聞けば、きっとオタク趣味そのものが原因だと思うでしょう。


シンプルに考えてみれば誰でも分かることですが、うまくいかなかったのは二人の相性が悪かった(価値観や性格の不一致など)からです。
オタクだからうまくいかなかった、という訳では無いのです。


まあ、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、というのはあるでしょう。この場合、袈裟に相当するのが相手の趣味となる訳です。袈裟が原因ではないのはお分かり頂けるかと思います。










回答



ということでオタク同士の交際はうまくいくのか?という問いに対しても答えは


『(交際のきっかけにはなるかもしれないが)オタク趣味が直接恋愛の成就(長続きする、結ばれる等)に関係することはない


となります。










まとめ



アタクシの奥様。
結婚して15年以上になりますが、いまだに共通の趣味はひとつもありません。
お互いの趣味を横目で見ながら



( ・∀・)「あれの何が楽しいのかね?」



と、理解出来ないながらも、それらを相手の一部として容認するような感覚です。
アタクシは北極と南極のようなものだと思っています。片方は北の果ての海、片方は南の果ての陸地、これ以上無いくらいの正反対ですが、端から見ればどちらも白くて寒い場所。同じ緯度にある砂漠とジャングルの組み合わせよりも、もしかしたら相性は良いのかもしれません。