もうすぐクリスマスです。


クリスマスまでに彼女(彼氏)を作る!


ということで、この時期は恋愛指南系のアカウントやサイトは主にこのテーマで盛り上がっています。
マッチングアプリなども繁忙期。
恋愛ビジネスに携わる方々は忙殺されてしまいそうです。


お互いに出会いを求める男女が世界中に溢れているのだから、カップル成立など簡単なこと。
ただ出会いの場やきっかけさえ用意すれば、勝手にくっついていくのだろう。
顔が良ければ、スタイルが良ければ、お金があれば、そこまでのスピードが早まるだけ。


結局は男と女を引き合わせれば良い。



( ・∀・)「恋愛ビジネスなんてボロい商売だなー」



果たしてそうなのでしょうか?










男と女



パートナーを求める行為が本能的なものであるとするならば、その理由にも同じ考え方が当てはまる筈です。以下は倫理的なものを無視した考察ですので怒らないように。



男性は可能な限り多くの女性と付き合い、自分の子孫を出来るだけ多く残すことを考えています。
その為に若く健康な、そして自分から見て魅力的な女性を次々と求める傾向にあります。


女性の場合は、自身と産まれてくる子供の(物理的、経済的な)安全を長い間守ってくれる、1人の男性を探すことを考えています。
健康で力強く、経済力や権力のある男性を慎重に選ぶ傾向があります。



(  ̄ー ̄)「遺伝子的な考え方だね」



多くの方が薄々感じているこれらの考え方。
ポイントはお分かりかと思います。
両者共に、相容れる部分がほとんど存在しませんw


もはやこれはお互い違う種族なのではないか、というくらい求めるものが違う訳です。
自分を偽るしかカップル成立があり得ないかのような現状に誰もが戦慄することでしょう。



( ・∀・)「もう無理なんじゃない?」



そうなんです。


人間の男女同士のカップル成立はほぼ絶望的。
どうすれば良いのか分からない?
だからこそ恋愛ビジネスは成立するのです。


潜在的顧客のことまで考えたら、恐らく百年経っても需要は無くならないのが恋愛ビジネスなのです。









ならばどうやってカップルを成立させるのか?



お互いに相容れない男女。
しかしカップルは定期的に誕生しています。
本来はお互いを知れば知るほどに離れてしまう道理をどのようにねじ曲げているのか?


それは相性という名の例外要素の自覚


・男性の中の女性的な面
・女性の中の男性的な面


ここに着目し、お互いの共通点をピックアップし、それを相性の良さとして男女双方に自覚させることです。


男性だろうが女性だろうが、お互い独身で似たような社会で生活しているならば、ライフスタイルの中に1つくらいは共通点が見つかるものです。


それに対する話題なら見ず知らずの間柄でも会話が可能。
会話というコミュニケーションが行えるということは、疑似的な友人として認知出来ます。


まずはお友達から‥‥


この錯覚混じりの流れからスタートしていきます。


さて、ここで男性も女性も相手に求める条件を再確認してみます。ざっくり言えば男性は女性に若さと美しさを、女性は男性に力強さと経済力を。



( ・∀・)「譲りたくない部分だね」



しかしながら、考え方を変えればその条件を変えることなく、満たすことも可能なのです。


例えば男性の経済力について。


年収は低くても博打などで無駄遣いしないなら、手元に残るお金が安定しています。しかも健康で長く働けるならば、高収入でも派手に遊ぶような人より、よほど経済的に安定していますよね。


こんなふうに視点を変えることで、条件を満たすことが可能となるのです。


お互いに『条件を満たした相手』だと認識したならば、お付き合いしない理由は無くなっていくのです。



( ・∀・)「結婚を前提にまずはお友達から」



これが恋愛ビジネスにおけるカップル成立のカラクリです。











まとめ



結婚を決めた時のアタクシは今思えばどうかしていたのかもしれません。
ただ、あの時結婚していなければ、今も独身のままだったことでしょう。


自分がどうかしてしまう程の恋愛を経験するというのは、人生でも決して多くは無い筈です。
そうした機会は他人の手助けで生まれる可能性もあるとアタクシは思っています。