明るいニュースが少ない昨今。
外出もままならない中で日々のストレス、如何にして発散されておりますか?
アタクシはもっぱらインドアな趣味に没頭しております。空気清浄機を稼働させ、花粉症やその他の喧騒から距離を置き(マスクも要らないしね)、美味しい珈琲片手にのんびりと自分の時間を過ご‥‥せたら幸せなんですけどね。そこそこ邪魔は入ります。


さて


寝る前にまったり素グリを吸ってリフレッシュしているアタクシ。


※素グリとは香料の入っていない純ベジタブルグリセリン(VG)のこと。VAPEで吸う場合には粘度が高すぎるのでPGで薄めたりします。


VAPEに限ったものではありませんが、例えば電車が好き!という人の中には乗るのが好きだったり、撮るのが好きだったりいろいろ。バイク好きにもツーリング好きが居ればカスタム好きも居て、それが排気量別に分かれて群れていたりします。


VAPE好きと一言でいっても、その楽しみ方や道は様々。深く沼に沈んでも、沼自体が複数あったりします。ビルドにのめり込む方が居たと思えばリキッド自作に精を出す人も居る。毎晩何かを削ったり磨いたり切ったり縫ったり(塗ったり)な方も大勢。


そんな住所沼な方々に共通するのは、何かしら吸っているということぐらい。


結局何を吸ってるの?


好みのリキッド探索にも疲れ、特定リキッドだけをひたすらリピートしている人も居れば、好みのリキッドを大量に自作してストックしている人も居ます。
そしてどうやら少数派ながら確実に居るのが


素グリ派


の方々。


素グリの何が良いかと言えば


①当たり前だが安い
②臭いはほぼ無い
③だが味もほとんど無い


こんな具合。
RBAの場合だと、コイルとコットンの劣化が(焦がさなければ)ほとんど無いので、手間が少ないのも大きなメリット。ガンクもゼロ。


アタクシの場合は香料は入れませんが、タンクでも吸えるようにPGを同量入れてサラサラにし、ごく少量のメンソールを足して輪郭が分かるようにしています。




最近疑問に思うのですが、素グリを楽しむ時のセッティングは果たして通常のリキッドを吸う場合と同じで良いのだろうか、ということ。












素グリセッティング


04


というわけで、香料の無い素グリを美味しく吸えるセッティングを考えてみることにしました。


リキッドの主となる原料はVGとPGと香料。
このうち香料はPGに溶け込んでいます。
素グリの場合は言うまでもなく無香料ですので、通常のVAPINGとは違いセッティングの際に香料を含んだPGの気化に関しては考慮しなくて良いことになると考えます。



( ・∀・)「なんか雑だな」



要するに沢山のVGを吸い込めば良いのですから、基本的には所謂『爆煙セッティング』に寄せればいいのです。


クラプトン系ワイヤーで極太コイルを作り、リキッドひたひたのコットンを高い火力で熱し、ダイソン並みの吸引で肺いっぱいに吸い込み‥‥



( ・`ω・´)「ぶっはあああああーっ!!」



違う!


こんなんじゃまったり出来ない!
一発で部屋が真っ白&リキッドからっから。
そうじゃなくて、のんびりとVGのあの葛湯のような寝ぼけた甘味を堪能したいのだよアタクシは!



( ・∀・)「それってリキッドを濃く味わいたい時と同じ考え方?」



少量のミストでもリキッドの味を濃くして楽しむ‥‥
それは以前にさんざんやったような?



というわけで



温度管理で素グリを美味しく味わうセッティングを探っていこう、と。






面倒くさいやつ再び



温度管理(TC)については


【ステップアップ】本気の温度管理へ


で病的に解説しましたので説明は割愛します。


一言で言えば素グリの温度管理はアリかなと。
ミスト自体は低温からも発生しますが、やや高めの温度で吸うと甘さが引き立ちます。


というか温度管理の場合だとエアで過剰に薄まらない分、濃いグリセリンの味が出てきますね。



( ・∀・)「ずいぶんとあっさりまとめたな」



いや、途中から


自分は何をやっているのだろう?


と少し‥‥


恐らく誰の参考にもならない記事なのは分かっているのですが。









まとめ



今後は独りよがりにも程がある記事はVAPE以外のものだけに限ろうかと思っています。


こんな記事を書いた後にアレですが、たいていのリキッドは素グリより美味しいので皆さんは是非ともそちらをお楽しみ下さい。