大好きなハニーローストピーナッツ。
このストライクイーグルは以前はF-15イーグル戦闘機のイラストが描かれていた筈なんですが、販促効果が無いので外されたのかしら。


18


そういえば、ちょっと前あたりから海外のお菓子がどこでも手に入りやすくなりました。
駅ナカにもそうしたお店がテナントで入居したりしてますよね。


海外の方は日本人と味覚が違うのか、こうした輸入系のお菓子の味付けはそうした違いが良く反映されている気がします。



( ・∀・)「美味しいと感じる味付けの最大公約数が少し違うのかも」



たまに食べるとクセになったり。
あとはちょっとした手土産にも喜ばれます。
少し高価だから自分じゃなかなかしょっちゅうは買わないけど、貰うと嬉しいし気負わないミニギフトとしても需要はあるんじゃないでしょうか。


ただね


美味しいんだけど、美味しいものはカロリーが気になるんですよね。
以前表示を見た時に629キロカロリーと書かれていたので



( ・∀・)「思っていた程では無いねー」



と割とムシャムシャ食べていたのですが、今日改めて表示を見返すと



(  ̄ー ̄)「ん?100グラムあたり629キロカロリー?」



内容量は227グラムなので‥‥



( ´;゚;∀;゚;)「この小さい缶で1400キロカロリーオーバー!?」



おかしいと思ってたんだよ、ピーナッツ類はヤバいって分かってた筈なのに‥‥さすがにイーグルの鈎爪はエグかった。


とか何とか言いつつ食べるのをやめられない。


明日運動すればいいのだ。








ナッツ系リキッド



VAPEショップに行った際に気になるのがナッツ系リキッドの品揃え。
(アタクシ、味音痴とは言っても好みは一応あります)


フルーツ系やスイーツ系ほど一般的ではない為か、何十何百種類のリキッドを品揃えしているショップでも、置いてあって数種類


たぶん欲しがる人が居ないからなのだと思います。


メーカーだって需要の大きさで作る製品を決めているでしょうし、新しいメーカーが最優先で作るようなものでもないから商品数は減る一方。


アタクシ心配なのは



( ´;゚;∀;゚;)「この調子でVAPEが廃れていったらナッツ系は確信に絶滅する!」



ということ。


自分で作れば良いのでしょうが、自作だとどうしても乾いた香ばしさが出にくい気がします。なんかピーナッツバターみたいな感じになっちゃうのよね。


カロリーの心配せずにナッツを楽しめるのも今のうちなのかもしれないな、と思うと少し寂しく感じます。









まとめ



斜陽産業となりつつある国内のVAPE。


この春からの受動喫煙防止条例の影響で既存の喫煙所が加熱式タバコ専用となるケースも多いようです。


加熱式タバコというのは広義での『火を使わない』タバコという意味で使われているようです(VAPEはPloomtechの仲間)。中には製品名を限定している喫煙所もあるので注意が必要ですが、まあそうした場所で爆煙したりするようなカスが居ない限りは、そこまでうるさく言われたりはしないでしょう。


もしVAPEが産業として持ち直すとするならこれが最後のチャンスなのかもしれないですね。