注意:今回はリア充限定記事となります。そして緊急事態宣言前に書かれた記事になりますので該当地域の方は「ふーん」程度に受け取りいただければ幸いです。



ホワイトデーも終わり、本来ならば気温が暖かくなったこの春は恋人たちの季節。



(  ̄ー ̄)「しかしまあ何というか今年は‥‥」



新型肺炎の大流行の影響でどこもかしこも自粛ムード。このレベルまでいくと最早どうにもなりません。
せっかくの陽気も華やかな筈の桜も、どこか虚しい。



(  ̄ー ̄)「デートどころじゃないんだよなー」









コロナイヤーの恋人達にオススメのデートスポット



不特定多数の人が集まる場所を避け、不要な移動を出来るだけしないようにする。
一般的なデートスポットである○○館や○○園といった場所は基本的に使えません。
換気の十分でない飲食店なども当然オススメは出来ません。


ただし


これは考え方を変えてしまえば誰にも邪魔されない二人っきりの時間を多く出来る、ということです。


言うなれば


安全な場所さえ確保出来れば良いのです。


A 人が密集していない
B 換気が十分にされている


これは現状必須。
さらにデートスポットとして必要なのは


①会話のネタに困らない
②お金が掛かり過ぎない
③不安を与えない


というもの。
○○館や○○園、飲食店を除き、この条件を満たす場所はごく僅かです。


それは


『公園!』



(  ̄〇 ̄)「」



いや、聞いてw
公園の長所はまずその広さ。
むしろ密集することの方が難しい程の広さこそが、最大クラスの安全に繋がります。
さらに換気の良さ。
だって屋外だし。
そして春先の暖かな気候もプラスに働きます。コートはもう要らないよね。
公園へは徒歩で向かいましょう。
遠いならば自家用車かレンタカーを。


デートスポットとして②は問答無用でクリア。
③については、解放感のある屋外ならほぼ大丈夫。夜中でもない限りほとんど感じないことでしょう。


問題は②の会話のネタに困らないかどうか。



(  ̄ー ̄)「それよね」



冒頭はもう正直に『何故公園を選んだか』について、ここまでの経緯そのものを語ってしまえば良いかと。
相手が自分の為にいろいろ考えてくれたことを思えば、多少の沈黙など香辛料のようなもの。
会話に詰まったら日向ぼっこしながら



( ・∀・)「あったかーい」



とでも口にしておけば良いのです。











公園デートをより楽しむ



まず公園デートを楽しむ為に必ずや用意した方が良いのは


『お弁当』


です。
お祭りの出店で買ったものが美味しく感じる、という方は多いかと思います。
外で買って外で食べるものは何故か美味しい。


公園デートにお弁当を持参すれば、例えコンビニ弁当だとしてもとても美味しく頂けます。
もしも余裕があれば恋人に作ってもらう&作って行く、なんてのがオススメ。
多少出来映えが悪くとも必ず美味しいのですからチートみたいなものです。


公園デートというのがそもそも何をすれば分からないという方は



( ・∀・)「お弁当持って外で食べようか」



というだけでも良いと思います。
まだそれほど仲良くなっていないのなら、食後のリラックスタイムなら自然な会話が出来るかもしれません。








それでもこれは頭に置いておけ



二人っきりの時間。
これは裏を返せば


もし自分が感染(ウイルス潜伏)していたら相手にはほぼ確実に感染する


ということ。
もちろんその逆も。


デートに限りませんが、接触する相手が持病持ちだったり身体が弱かったり、疲れていたりすれば感染が命取りになるのです。


もしも自分がウイルスの運び手となったら‥‥


想像力と責任感。
この2つを心に留めて行動するのなら、もはや他人がどうこう言う資格はありません。










まとめ



半分以上冗談記事ですが、自粛ムードが続くことで気分が落ち込み、ネガティブになることで身体の抵抗力が落ちるのは本当のところ。


このどうにもならない不安を紛らわす為に外出したいという方は多いかと思います。


そんな時にきちんと準備をした上で近所の公園などに1人で足を伸ばすというのは、決して自粛の枠を逸脱した行為では無い筈。
この段階までいくと、自分を含め人類総感染源と仮定して行動するより他はありません。



(  ̄ー ̄)「(自分は発症していないだけでウイルスを持っているのだ)」



こう考えて行動するしかない。
けれど気持ちだけは前向きに。
敢えてこんな記事を書いた意図もご理解頂けるかと思っております。