最近少しずつ耳にするようになったオンライン飲み会
お店で飲めないのならそれぞれの自宅からオンラインで顔を見ながらお酒を飲み会話を楽しもう、といった感じです。


SkypeやZoom、LINE(少人数なら)などビデオチャットに気軽に使えるアプリも揃っているので敷居も低いです。



オンライン飲み会の良いところと言えば、この時期なんと言っても伝染病の予防
それから出費の少なさ。だってお酒もおつまみも基本的に自前ですから安く済みます。
あとは終電の心配が無いこと(タクシーなども)。
これは地味にありがたいです。時間を気にして飲むとリラックス出来ませんからね。
さらにトイレが混まないこと、他のお客とのトラブルが無いこと、などもメリットです。


もちろん店舗特有の食欲をそそる良い匂いも無いし、気分的にオフラインと全く同じとはいきませんが、そこは気の合う仲間同士なら、思っていたよりずっと楽しい時間が過ごせると思います。食べず嫌いな方は是非一度お試しあれ。











ここからはオンライン飲み会のクソな点についてです。











オンライン飲み会の悪いところ



個人的にオンライン飲み会で、ここがイヤだ、といった部分をまとめてみました。



①音声が聞き取りにくい


お酒を飲んでいると誰彼構わず口を開きます。そうなるといかに音質が良くても誰が何を言っているかわからなくなる時があります。


②発言すれば全部拾われる


お店では座る場所により声が届かないこともありますが、オンライン飲み会はマイク次第。ボソッと何か言っても全員が聞いています。下手なことは言えません。


③飲み会に集中していない人が出てくる


気軽に席を外せるのもオンライン飲み会の特徴。
ただ飲みの時間が長くなると席を外したままなかなか戻らない人や、明らかに他のこと(ゲームなど)をやりだす人が出てきたりします。


④異性と飲む意味が無い


飲み会に出会いを求める人も多いと思いますが、オンライン飲み会の場合はとなりに座る女の子からいい香りもしませんし、ふらついた時に支えてくれるガッシリした男性も期待出来ません。


⑤着地点が見えない


これは個人的にとてもイヤなのですが、実際のお店なら約二時間ごとに区切りがあって、じゃあ次の店に行くか?orここで帰るよ、という風に別れたりします。
オンラインの場合は時間制限がほとんど無いので終わりが見えないのです。





とまあ、文句を並べてみながら思うのは


普通って良いものだったんだな


ということ。
こうした我慢もすればした分だけ早く日常が取り戻せるというもの。
早く普通に戻る為にも出来る我慢はしていきましょう。