スーパーのレジ袋が有料になってからしばらく経過しました。アタクシもカバンの中に買い物用の巾着などを入れて持ち歩くことにしていますが、たまに忘れたりします。



( ・∀・)「そもそも何故レジ袋を有料化したの?」



有料にすれば買い物バッグ持参の人が増えます。その分レジ袋が使われなくなります。そうなるとレジ袋のゴミは減り、燃やした際に出る煙やガスも減ります。
また、レジ袋を使わない人が増えれば、レジ袋そのものの生産量も少なくなっていきます。
レジ袋の原材料も、工場から出るゴミやガス、消費電力も少なくて済むのです。
そうです、エコです。


理由としてはたぶん、そんなところでしょう。


レジ袋の代わりに持参するバッグのことを『エコバッグ』と呼ぶのは、こうした背景があるからです。


....バカみたいですね。



( ; ゚Д゚)







何度同じことを書いたか分かりませんが、アタクシはこうした『地球にやさしく』系の話が大嫌いです


メディアではスーパーのレジ袋が有料になったのを期にエコを意識しよう。とりあえず今オススメのエコバッグはこちら!みたいなのをやっていました。



( ≧∀≦)「じゃあ今度のお休みにお洒落なエコバッグを探しにお店に出掛けよう!」



そして渋滞の中ガソリンを消費しつつCO2をばらまき、エアコンの効いたショッピングセンターに出掛けるという。そもそも何処にも出掛けず、買い物も最小限にすれば、ただそれだけで無駄なゴミも減りガスも出ず、さらに言えば道路も傷まない為余計な税金も使わないで済みます。
しょーもない理由で出掛けなくて良い人が外出するから、必要な物流網が滞るわけです。


真にエコを叫ぶのならば家から一歩も出ない!


少し考えれば分かることです。