またひとつ行き付けのお店が閉店してしまいました(VAPEショップではありません)。


来年になったらアタクシの通っているお店は一軒も無くなるんじゃないかと心配しています。
コロナ憎し。


そういえば


母が地域のお年寄りに向けたNPOの理事をしている話は以前にしましたが、久しぶりに顔を出してきました。
設立10年も経ったということで、それはとてもおめでたいです。


※だいたいNPO法人というのは経営がザルだったりするところが多く、3年もたない、というのが一般的な認識だったりします。


母の友人達と世間話をしていると、コロナに関しては独特の感覚を持っている人が割と多いことに気付きます。



( ・∇・)「まあ、コロナじゃなくたって死ぬからさ、遅かれ早かれね」
( ≧∀≦)「お墓の準備のほうが悩みだよ!コロナにならなくても使うもんだから」
( ・∇・)「うちらは順番にお迎えが来るんだし、あんまり気にしすぎは良くないよ」



何と言うか、視野が広い感じ。


抵抗力や体力の低いお年寄りはコロナに戦々恐々としている‥というのが世間の認識なんだと思いますが、実際のところ一番ビクビクしていないのがお年寄りなのかもしれません(松戸のお年寄りがやたら強いのかも)。


要はこの世の中、誰が感染してもおかしくないわけですが、きちんと予防してマスクもして、それでも感染したりさせたりしたらもう仕方がない、ということ。
そうなったら保健所に連絡して自宅待機しながら療養するしかないんだし、悩むことではないのだそう。


確かに選択肢が無いんだから悩みようが無いです。