リキッドに詳しい方にいろいろお話を聞くと、流行り廃りが分かって面白いです。

ですが

٩(。•ω•。)و「買えねー」

お金無い無い君のアタクシはこの夏も自作で突っ走るのでありました。



禁煙目的で電子タバコ(VAPE)を始めた方の中には、最初に「タバコの代わりになりそうだから」とタバコ味のリキッドを選んだりします。





(๑•́ω•̀๑)「全然タバコと違うよ」


と1度離れ、しばらく経ってから1周回って


(*´ω`*)「美味しいタバコ味のリキッドはないかしら」


と戻って来たりします。
理由はまあ……察して下さいね。


ただ自作リキッドで、恐らく最高難易度となるであろう代物が


・:*+.( °ω° ))/.:+*.「タバコ味」


だと思われます。
再現したいタバコがJT系か海外系か、あるいは葉巻系かでも分かれるとは思いますが、とにかくどれも難しい。まず、似て非なるものになりがちです。

理由として考えられるのは、タバコってどれも考え抜かれて味を出しているので、簡単に真似出来るレベルではないんじゃないか、ということ。


(。・ω・。)「世界中のタバコ屋さんの努力がここに来てやっと少しだけわかった、かも」


電子タバコ(VAPE)のブログで書くような話じゃないかもしれませんが、世界中にはすごく沢山の種類のタバコがあって、日本国内で販売されているものの多くは、その中でも「かなり美味しい方」です。
外国で見知らぬ銘柄のタバコを買って吸ったりすると、現地の人は平気だけど我々には美味しさが理解出来ないものとか、やたら強くて味が分からないものとか、ザラにあります。
やっぱり、というか、美味しいものは価格が高かったりして、日本人も吸いやすかったりするから面白いです。
その全てをざっくり「タバコ味」と括るのは、やっぱり無理があるんじゃないかなーと感じます。


なんだか話がそれまくっていますが、まだまだアタクシには美味しいタバコ味のリキッドを作るには、いろんな意味で足りていないようです。


(σ・ω・)σ「いっそのこと電子タバコやめてリアルタバコを吸いまくって勉強すればいいじゃ………」



(っ・д・)三⊃)゚゚)「本末転倒だろうがアホんだら!」