以前『コミュ障に親を○されたかのような記事』を良く書いていたせいか、逆に



( ;∀;)「コミュ障を克服したいのですが‥」



というご相談をされるようになりました。
5月は終わり梅雨入りしましたが、5月病を発症してしまった方はまだまだ後遺症に悩まされているのでは?
この精神を蝕む病というのは、ある意味某ウイルスよりタチが悪いのではないかと感じます。


自信、人間関係、経済力を破壊し長年に渡りトラウマを植え付ける病。それが5月病。もちろん予防薬は存在すません。誰がいつ発症してもおかしくない怖さもあります。



( ・∀・)「カレンダーから5月を抹消するのだ」



説明は要らないと思いますが、5月そのものがどうこうでは無くて、春先に環境が変わり、新しい職場やクラス、人間観察の再構築が行われ、それらに対応出来なかった場合5月頃にツケがまわってきて病んでしまうのです。



( ;∀;)「なんでこんなことに」



主に人間関係のストレスが5月病の主な原因だという方は多いのですが、それはどうしてなのか?


例えば仲の良い(と思っている)友達や同僚が居たとしても、その関係性というのは意外と脆いものです。


長年付き合っている友達なのに、相手に恋人が出来た途端に疎遠になりそのまま交流が無くなるなんてのは良くあること。つまりその友達にとっては、恋人が居なかったからこそ、暇な時間に一緒に過ごす友達との繋がりが出来ていただけなのです。


また、(金銭以外でも)貸し借りのある者同士ならば、その関係を継続していた方がお互いの為になります。貸し借りが無くなればそれが維持出来なくなるのは当然かもしれません。


環境の変化により、そうした人間関係がリセットされた時、貴方の味方になってくれそうな人間は周囲に存在しなくなります。友達ゼロのスタートです。



( ・∀・)「まあ、それも面白いんじゃない?」



そんな状況を何とも思わない人も中には居ます(アタクシも割とそう)が、そもそも5月病の原因はそれではありません。例えば貴方が4月入社の新入社員だとして、同期入社の方々は概ね貴方と同じ条件の筈なのですから。


問題はそんな新しい環境で味方より先に敵を作ってしまった場合です。


これが5月病の本当の原因であると思われます。










どんな場合に敵を作るのか?



敵を作るとは、即ち相手に対して敵対行為をすること。
武器を構えて戦闘態勢をとる訳ではありません。
簡単に言えば相手の意見に対して


①反論する
②否定する
③疑問符をつける


という行動を示すこと、です。



( ;∀;)「そんな~深い意味なんて無いのに~」



これを読んでいる皆様の中で、新しい環境での人間関係に悩んだことの無い方は、ああ‥わかる!と感じることでしょう。
そしてそうでは無い方。
前述のように新しい環境で周りと上手く関係性が築けなかった方は、意識しようとしまいと、こうした敵対行為を行っていた可能性が高いと言わねばなりません。


残酷なことを申し上げますが、所謂コミュ障、空気を読めない、と言われている方々の多くが、時に不用意に、時に無邪気に、相手に対してこうした行動をとっています。


5月病の原因はまず自分自身にあるのだ、ということを認めて下さい。











コミュ障を克服したい!空気を読めるようになりたい!



まず、上司や同僚といった家族や恋人でも無い相手に対して、その意見にケチを付けるということは(その意見が間違っていたとしても)、非常にリスクの高い行動であるということです。


それすら分からないということ。
その時点で今までの人生を間違えて生きてきたということですので、どうしようもないです。


誤りを指摘するな、と言っているのではありません。指摘する時と場所が間違っているのです。業務上の問題点を指摘をするならば、その指摘すら業務なのです。


という話はさておき


仕事場や学校などで敵を作らない為に必要なのは、相手の意見に対して、その相手が明確に反対意見を求める意志を示していない場合、何があろうと絶対に


①反論してはならない
②否定してはならない
③疑問符をつけてはならない


ということ。


恐らくコミュ障や空気を読めない方には、これが何より難しいのかもしれません。
とにかく常に意識をして、絶対に失敗しないように。
周囲に味方が出来るまでは、自分の意見を完全に滅してしまうしかありません。



( ;∀;)「そんなの無理だよー」



少しは努力してから言いなさい。










まとめ



それより今年も台風来るよね。
千葉はまだ前の台風から復興してない(遅すぎ)から今年は勘弁して欲しいです。