image


商品名:Alpha XF(アルファエックスエフ)
メーカー:VethosDesign
リキッド容量:2ml
バッテリー容量:900mA
出力変更:不可
接続:AIO(オールインワン)


VethosDesignのペンタイプスターター、Alpha XFのインプレッションです。


タバコといえば棒型だろ!という方が少なからずいらっしゃる世の中。
BOX型のMODとは違った趣で電子タバコ(VAPE)を楽しみたいという時は少なからずあります。

で探してみるのですが

(。・ω・。)「軒並み爆煙仕様だわー」

リキッドもVG多めの、爆煙で吸うと美味しいものが増え、見た目の派手さも受け入れられ、世間はもっくもく派天国。

(๑•́ω•̀๑)「えーとね、喫煙所でもさりげなく吸える煙少なめなやつがいいんだけどー」

でもアタクシわがままだから

(*´ω`*)「でも味はしっかり出て欲しいの」

という。



時代に逆行してる感w



でも「出る杭は打たれる」を身に染みて知っているサラリーマン達は、こうしたわがままを理解してくれる気がします。
目立たないように、でも、欲求は満たしたい。
そんなオトナの為のスターターが


Alpha XF



です。


スリムなペンタイプの宿命と言えるのが、電池容量。爆煙型のコイルを搭載することで、電池だけでなく、リキッドの燃費まで悪くしている商品が主流となっているのが現在。
そんな中、XFのコイルは堂々たる

1.2ohm!

・:*+.( °ω° ))/.:+*.「サブオームって何かな?w」

オームの法則で、抵抗値が上がれば消費電力は少なくなります。
このコイル、かなり低燃費!


image


驚いたのは、これ1.2ohmのデュアルコイル。2.4ohm相当のコイルが2重になっているようです。


リキッドは本体を逆さまにしたあと、反時計回りに回し上下パーツが分断したところで上部パーツの中央の穴を避けて注入します。

image


image


縦長のファイヤボタンの横に空いた穴が充電用のUSB端子。
操作はおなじみの5連打ON/OFF。
吸う時と充電時に光ります。

ボタン背後のLEDはバッテリーインジケーターも兼ねていてバッテリーが少なくなると光が弱くなります。
バッテリー容量は900mAhと少なめですが、燃費が良いのでかなりもちます。
カブと同じ。

エアフローコントロールは外側のダイヤルを回して穴を塞ぐ構造です。もともととても重いドローで、タバコ吸いにちょうど良い感じです。
Nautilusとほぼ同等の重さです。


image

ちなみにドリップチップは510規格のものなら好きなものに交換できます。




(。・ω・。)「低燃費はわかったけど味はどうなのよ」


吸って驚いたのは、見た目を裏切る味の濃さ。煙の量は少なめ(それでも割と出る)なのに、舌にはしっかり味が乗っかってきます。

※意図したものかはわかりませんが、重いエアフローと高抵抗コイルの組み合わせが、相性抜群です。吸い続けても、あまり熱くならないのも狙った訳ではないかもしれませんけど嬉しいポイント。


違いの分かるオトナのスターター。
Alpha XFにはそんな言葉が似合っています。




インプレッション



少々提灯記事っぽいいやらしさがありましたが、実の所「高抵抗&美味しい低燃費ペンタイプスターター」って、本当に貴重です。

(。・ω・。)「バッテリー内蔵だからあとはリキッドしか要らないのよねー」

スターターキットとしても手頃で優秀だと思います。
吸い心地に関係ないかもしれませんが、塗装の質感(ラバー塗装)がかなり良く、安っぽい感じがしないのもいいですね。



漏れはあるのか?



このあたり大事だと思いますが、リキッド満タン状態で1日持ち歩いてエアフローから若干滲む程度です。
ジュースコントロール付きのアトマイザーを除けば優秀と言えます。


(。・ω・。)「バッテリーもちは?」


さすがに1日ハードに吸えば足りませんが、2mlのリキッドを吸い切ってもバッテリーはまだまだ余裕があります。1日に吸う量が少ない方は充分なのでは?と感じます。
アタクシの場合、使い勝手の良いサブ機として運用してます。会社の喫煙所などに最適です。


※シリコンドリップチップを使ったPloomTechカプセル運用機として、最近また再注目されている機種のひとつです。



おすすめ度



何度も書いてますが

・煙は少なくていい
・バッテリー長持ち
・リキッド消費少なめ
・軽量コンパクト
・美味しい

という機種があまりに少ないため、存在自体に価値があると思います。
もちろん、どんなタイプのリキッドも美味しく吸える訳ではありません。VG高めのリキッドなんか苦手です(供給不足になりがち)。
ただ、それを補って余りある長所を活かしてやりたくなります。
上記のポイントを理解した上で、上手に使ってやりましょう。


(σ・ω・)σ「時代に逆行してるかもしれないけど、こういう機種がまだあって良かったよ」


image



VethosDesign、Alpha XFのインプレッションでした。