自作コイルの材料となるのが各種素材からなるワイヤー。

素材ごとの特性はいろいろです(カンタル線以外は温度管理可能とか、ドライバーンできるのはカンタルとステンレスだけみたいな)が、今回は「太さ」の記事です。


基本的にVAPEのコイル用のワイヤーの太さは、AWG(アメリカンワイヤーゲージ)の規格である数字で〇ゲージ、みたいな感じで表されています。
数字が大きいと細くで、数字が小さいと太いです。
普通に良く使われる太さとしては22ゲージから30ゲージくらいでしょうか。
でも比較的コシが強いカンタル線でも28ゲージはけっこう細くて「くにゃんくにゃん」です。24ゲージはなかなか固くて「ぐいぐい」っと巻く感じ。
アタクシが一番使いやすいと感じたのは26ゲージでした。

ステンレス(SS316)素材だと、カンタルよりも柔らかいので、24ゲージくらいでちょうど良い感覚です。あくまで個人的感想なんですけど、読んでくれた方は


(●´ω`●)「まあ、そんな感じだよね」


と思ってくれるかも。


この24とか26とかの数字による太さの違いなのですが、ちなみに

24ゲージ:直径約0.51mm
26ゲージ:直径約0.4mm

数字が2コ増えても、たった0.1mmしか太くなってない?

22ゲージ:直径約0.64mm
24ゲージ:直径約0.51mm
26ゲージ:直径約0.4mm
28ゲージ:直径約0.32mm


(*・ω・)「なんか、あんまり変わらないんだね」


このあたり数字が実感できてないから、こんな考えになるんですが、パーセンテージで考えてみましょう。

26ゲージ:直径約0.4mm
↓(27.5%増!
24ゲージ:直径約0.51mm

直径が増えるということは、面積も増えます。断面積で見ると

26ゲージ:約0.1平方ミリ
↓(100%増!
24ゲージ:約0.2平方ミリ

倍です。


そうなんです。26と24ゲージの差はけっこうあるんです。
これだけ違うと、当然ながら電気の流れ具合にも差がでてきます。

ワイヤーは

細いと高抵抗
太いと低抵抗


というのが基本です。

これをぐるぐる巻いてコイル状にして使います。
コイルの巻き数は

たくさん巻く=高抵抗
少しだけ巻く=低抵抗


となります。


(。・ω・)「細いワイヤーで巻き数少な目太いワイヤーで巻き数多めと、同じ抵抗値ならどっちがいいのかしらね?」


このあたりを試行錯誤していくのがRBAの醍醐味ですよね。
みなさんもアタクシと一緒にいろいろやって遊んでみましょうよ!