[画像:b82a2730-s.jpg]

商品名:Wasp Nano RDTA(ワスプナノRDTA)
メーカー:OUMIER
タイプ:RDTA(低型2ポスト2ホール·シングル用)
容量:2ml
接続:510


OUMIERのRDTA、Wasp Nano RDTAのインプレッションです。


小型で低価格ながらビルドも簡単、しかもなかなか美味しいと評判だったWasp Nano RDAのRDTAバージョンです。
基本的なデザインはRDAと同じで、下にタンクが付いただけ、のように感じますが、それだけじゃなかった、という記事です。
[画像:b320f676-s.jpg]

ちなみにRDA版で付いていたBFピンは付属しておりません。

[画像:36e74b28-s.jpg]


上から見たら同じ

Waspの特徴のひとつであるドリップチップを兼ねたトップキャップ。これRDAのものと兼用?というくらいそっくり。一応ここに510規格のドリップチップを差せます。
よくこのキャップを磨いて遊んでる方がいますが、こちらも磨けます。ただし、やや強度・耐久性は低いので、磨く際には要注意です。
3色展開(たしかそうだった)でクリア(シルバー)、ゴールド、ブラックから選べます。

[画像:dc734785-s.jpg]


横から

タンクは容量2mlとのことですが、少なく見えます。個人的には雰囲気崩さず、ずんぐりしたwasp感がいいなと思います。
エアフローはサイドエアフロー。取り入れ口は二か所で、トップキャップを回して無段階調整可能です。
RDAの方はエアフローが完全に閉められないという良く分からない仕様だったのですが、(ここから追記変更)RDTAの方も同じく隙間があきます
なんとかして欲しかった部分です。

[画像:de322ce4-s.jpg]


中身

デッキもぱっと見たら同じに見えると思います。実際コイルの固定方法はRDAもRDTAも同じ。
ネジの固定はアーレンキー(六角レンチ)ではなくマイナスドライバー。かなり小さいやつじゃないと入りません。
違うのはタンクに垂らす分コットンを長くすることと、コットンホールがあること。
このコットンホール‥‥ん?


ホール脇にあるレバー。
なんだこれ、と動かすとコットンホールを閉じるように蓋がスライドしてきます。

コットンがスカスカだと傾けた時に漏れてくるので、持ち歩く際に閉じるように出来てるようです。
そこまでしなくても良いのになあ、とビックリ。この機構、付けるだけで大変だったろうに。

サイドの空気取り入れ口から入ったエアーはデッキ中心部横、ちょうどコイルの側面から吹き出します。ご覧の通りコイル設置可能スペースは狭いですが、反面余分な空間は全然ありませんから、発生したミストは減退せずダイレクトに口許へと運ばれます。

チャージ用のホール等はありませんので、リキッドはコットンホールの隙間から注入します



吸い心地

RDA版よりもリキッドチャージ回数が減るため、かなり楽だと思います。デッキはほぼ同じなので、味の出方もほぼ同等。
RDTAとしてはかなり背が低い部類なので、いろいろなMODと組み合わせて雰囲気の違いを楽しむのも面白いと思います。


良いとこ取りでしかもお財布に優しいRDTA、なかなか良心的なアトマイザーです。



インプレッション


(。・ω・)ノ「WASPと言えばブラッキーローレスだよ(ChainsawCharlie今でもかっこいいよ)」


名前の由来は外箱のイラストそのまま「でかいハチ」です。見た目とネーミングが一致しないのはVAPEでは恒例ですね。


簡単

シングルビルド向けのRBAは「無理すれば」デュアルでも組めることが多いのですが、最近はWaspのように「もうシングルで組むしかねえな」という機種が増えてきたように思えます。
デッキを見ただけで、どうやって組むか分かるということは、誰がビルドしても結果に差が出にくいということ。誤解を恐れずに言うならば上手な人も下手な人も、同じように組めちゃうわけです。


(*゚∀゚)「アタクシでも美味しくビルドできるの!?」


よほどトリッキーなことをしなければ、普通においしいとおもいます。


でもね・・


慣れてくると、いろいろなビルドを試して味の出方を追求したい、という方は多いと思いますし、VAPEのひとつの醍醐味でもあります。だと、思います。
でもWaspは失敗も無い代わりに、特別美味しくもならない、なりにくいタイプのデッキだと感じます。


(*゚∀゚)「面倒くさがりのアタクシはそれでも別にぜんぜんいいんですけどねー」




レバーの謎


コットンホールを開閉するレバー。

「なんでわざわざ付けたのかしら?」

と思って全閉にしてみると、ふと思いつきます。
これってRDTAとRDAを切り替えるレバーなのではないかと・・

[画像:cd33bde1-s.jpg]
[画像:ae09c526-s.jpg]




※ショップでリキッドを試飲させてもらう時にRDAモードで使いましたが、普通にドリッパーとして使えました。


ただし、RDAではなくRDTAのWaspを買った方は、たぶんRDAとしては使わないんじゃないかな、なんて思います。


(*・ω・)「まあいいか、面白いし」

カチャカチャ・・

(; ̄Д ̄)「あれ?」


このレバー、何故か時々動かなくなります。


たぶん精度・リキッドの有無(潤滑度合い)・汚れ的なモノ、など原因はいろいろあるのでしょうが、構造的にレバーの根元部分に負担がかかりやすく、動きが悪くなった際に無理矢理に動かそうとすると、折れはしないでしょうが曲がりそう・・。


リキッドチャージの罠


リキッド補充はコットンホールの隙間から行いますが、当然ながらホールいっぱいにコットンを詰めれば隙間は無くなります。なので自ずと「コットンホールをレバーで半分閉じることを想定した量」を詰めることになります。


(*゚∀゚)「さてリキッドチャージすっぞ」


ここでレバーが動かないケースwww


(´;ω;`)「もうレバー使わないもん」


そうすると常にコットンホールはゆるゆる状態で運用(漏れやすい)するか、または先端が細く長いユニコーンボトルなどでコットンを押しのけるようにチャージするしかありません。
Avocado Genesis RDTAをデュアルコイルでビルドした時と同じで、リキッドチャージが面倒な機種です。

いろいろ良い部分が多いだけに、こんなところで躓くか?という感じ。

やっぱりこの世に完璧な物など無いのだな、とつくづく思います。




おすすめできるのか?


ビルドが簡単なことから初心者向けだとか言われそうですが、Wasp RDTAは単に「面倒くさがり向き」だと思われます。唯一リキッドチャージが簡単そうでやり難いという変な部分もありますが、全体的にはいろいろと
楽ちんなアトマイザーです。楽したい方へおすすめ出来ます。



まとめ


RDAが好評だったので下にタンク付けてRDTAにしてみました!というのは意外に少ないパターンですが、もっとこういうケースが増えてくれないかな、と思っています。
本文で書いた通り、簡単なビルドで美味しく吸えるというのは、初心者から中級者まで多くの層に好意的に受け止められるのでは、と感じます。
毎日ビルドをし直す方も居ると思いますが、疲れて面倒くさい日というのは少なからずあるものです。Wasp Nano RDTAなら、そのあたりほぼノンストレスに近いので、本当に助かります。

RDAもそうですが、Wasp Nanoは「ひとつ持ってて損しない」タイプの優秀なアトマイザーです。価格も優秀ですしね。
そういえば個人的に気に入って二つ目も買いました。二つあればトップキャップを入れ替えたりしても面白いです。

[画像:c1136ce1-s.jpg]


OUMIER、Wasp Nano RDTAのインプレッションでした。