久しぶりに禁煙ネタなのですが、最近は禁煙の定義も微妙です。


禁煙とは


①何も吸わない
②紙巻きタバコ(リアルタバコ)を吸わない
③ニコチンを摂取しない


だいたいこの3つのことを禁煙、と呼ぶことが多いと思います。

①は昔ながらの禁煙。説明不要。
②はリアルタバコを辞めたけど他の代用品に乗り換えた状態で、タールは絶ったけどニコチンは摂取していることになります。IQOSとかニコチンガムとかね。
③は所謂VAPEでニコチンの含まれないリキッドのみを吸ってる状態です。口寂しさから何かしら吸ってるような感じです。


喫煙者にしか通用しない理屈で、厳密には①以外は禁煙ではないのですが、喫煙者からしてみれば「タバコを燃やした煙」は吸ってないので、②も③も禁煙だと言い張れるわけです。

難易度的には②が一番楽です。


(  ̄ー ̄)ノ「今ここ」


という方は増えました。
タールの害はタバコの害の大部分です(と言われます)から、健康面で言えばかなりマシ、となります。


(* ̄∇ ̄)ノ「いやあ」


ただしニコチンは薬物(毒物)なので依存は続き、お金も掛かります。経済的側面から禁煙したいと考えている方には、全く何の解決にはなっていません。


( *´・ω)/(;д; )


③はもはや赤ちゃんの「おしゃぶり」と変わらないのですが、ニコチン依存と経済的負担から解放された状態ですので、悟りを開く前の涅槃の境地です。
ここまで来れたら、ようやく①が目の前に迫ります。

迫るのですが

自らの意思でここにとどまる方のなんと多いことかw




沼とは良く言ったものです。