更新が滞っておりました。
申し訳ございません。


(*≧ω≦)「いろいろ楽しいことがあってさー」


知ったこっちゃないですよね、すみません。


(一応面白そうなやつのインプレッション記事を書いたから許してー)


そういえばもうすぐ冬季五輪です。
二年後は東京。
それでなのかわかりませんが、最近加熱タバコを含め規制の話が急加速してます。


嫌われものの喫煙者や喫煙所。健康面はどうでも良くて煙が出て見映えの悪いもの、こうしたものはとにかく隠したい。目に見えないようにすれば良い。
そんな意志が伝わってきます。


それについて反論したりするのもわからないでもありませんが、最初から分かっていたことです。
どんなにルールやモラルを訴えても、こうした規制は「レベルが低いところに合わせる」のが日本の伝統。
千人の喫煙者が居て、九割がマナーを守りモラルを持っていたとしても、一割がダメならば、その一割に合わせた法律や条例を作るのです。

交通法規も同じ。
たった一割の違反者の為に他のドライバーが迷惑し、知らぬ間に新しいルールが出来る。そうしないとドライバー以外が損害を受けるからです。


今は喫煙に関しての話ですが、他のことも全く同様です。そして一度出来たルールが無くなった試しはありません。
この流れはずっと継続します。



いろんなことに言えますが、流れを読んで終わりに備えておくことは大事だと思います。
何も吸えなくなった時に急にそんなの困る(急にじゃなくて徐々にそうなってた)なんて言っても、全く通用しないのですから。



こんなブログ書いててアレですが、いつでも止められるようにしておきましょうね。