ヾ(´ω`=´ω`)ノ「もう木曜日だよね?もしかして金曜日?」


火曜日です(無慈悲)




「継続は力なり」という言葉を聞いたことがあると思います。
実はこの言葉の直前には「念願は人格を決定す」という別の言葉があり、繋げて読むことで


念願は人格を決定す 継続は力なり


という一文となるのです。

※住岡夜晃(すみおかやこう)さんという方が残した讃嘆(さんだん)の詩の一部です。が、アタクシこの方を「継続は力なり」と最初に言った人、という以外の認識を持っていないので調べたい方は各自でお願いします。


(*・ω・)「どういう意味なの?」


見たまま、ですね。
念願というのは願いを念じると書きますが、分かりやすく言うと「(たぶん目標よりも、もうちょっと先)」です。
それから「人格」とありますが、これは「人間の格」のことだと思います。格が違う、みたいな意味と同じです。

つまり

夢を抱いて(脇道に逸れたりせず)正しい道を、一歩一歩前に進んでいくことは、人としての格が上がっていくことなんだよー

という風にアタクシは解釈しています。


「継続は力なり」だけですと、何となく「どんなことだって続けていれば良いことあるさ」的なイメージしか湧きませんが、前に言葉があるとだいぶ印象が変わっていくのではないですか?



(。・ω・)「だね」



なんでこんな話をしているのかと申しますと、アタクシがブログを書き始めたのが、ちょうど5月の今頃だったわけです。10年前の。




2008年にはこんなことがありました


・オバマ大統領が当選した
・麻生内閣誕生

・北京オリンピック

・リーマンブラザース経営破綻
・日本人4人がノーベル賞受賞

・iPhone 3G発売



え?そんなに前の出来事だったっけ?
という感じ。
オバマ氏はずいぶん長いこと大統領やっていたんですね。
今でこそ皆さんスマホですが、2008年当時は誰も使っていませんでした。

まさか次の年に隣の国でミサイル発射と核実験があるなんて思ってもいませんでしたし、マイケルジャクソンはまだまだ元気だと思っていました。
先のことはわかりませんね、本当に。




(*・ω・)「で?」




「念願は人格を決定す 継続は力なり」


という一文がちょっとアタクシにとっては重いですw
10年も続けたんだから、凄いっちゃ凄いんでしょうが、世の中には「惰性」で続いているものがたくさん存在していることも、また事実なのです。



ということで、あと何年、いや、何日続くか分かりませんが、今後とも当ブログを宜しくお願いいたします。